おきよぼたん
『お清ぼたん』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔(むかし)、京の都(みやこ)で源氏(げんじ)と平家(へいけ)が戦(いくさ)をしていた頃(ころ)のこと、信濃(しなの)の山あいの小さな里に、傷(きず)を負(お)った一人の若武者(わかむしゃ)がたどり着いた。
 たまたまそこを通りかかった里の長者(ちょうじゃ)は、若武者を気の毒に思って、家へ連れ帰ったそうな。
 長者には、お清(きよ)という大層(たいそう)美しく気立て(きだて)の良い娘(むすめ)がおった。お清は毎日こまめに若武者の世話をやき、手厚い(てあつい)看護(かんご)をしてやった。その甲斐(かい)あって、若武者の傷は薄紙(うすがみ)をはぐように快(よ)くなってゆき、ふた月もするとすっかり治ったと。ふたりはいつの間にか好き合うようになっていたそうな。 

 挿絵:かわさき えり
 が、元気をとり戻(もど)した若武者には、都に戻らなくてはならない事情(じじょう)があった。
 「必ず戻って来る。そしてお前と夫婦(めおと)になるから待っていてくれ」
 若武者はお清にそう言い残して、都へ旅立って行った。 

 それから三年が過ぎた。
 お清は若武者を思って、夕暮れ(ゆうぐれ)になると、
 「この夕焼けをあの人も見ているかしら」
 「あの鳥は都へも行くかしら」
と、深い溜息(ためいき)をもらしておった。
 長者はそんなお清を見るにつけ、早く婿(むこ)をとって幸せにしてやりたいと思い始めた。
 ある日、長者は一人の男を連れて来てお清に会わせた。
 お清は困ってしまった。
 若武者への想いは断ち切れるものではないし、かといって父のすすめにさからうことも出来ん。考えた末お清はこう返事をした。
 「淵(ふち)のがけのてっぺんに、一輪のボタンの花が咲いております。そのボタンをとってきて下さるお方となら夫婦になりましょう」
 これを聞いた男は、二つ返事で承知(しょうち)した。 

 次の日、男は長者とお清が見守るなか、そろそろとがけを登って行った。
 ところが、ちょうどその頃、あの若武者が里へ戻って来た。
 若武者はことのあらましを里の人から聞くや、一目散(いちもくさん)に淵へと駆(か)けつけた。そして、お清や長者への挨拶(あいさつ)もそこそこに、男の後を追って急ながけを登り始めた。ぐんぐん登って、ついに男を追い抜いた。そして、てっぺんまで一気に登りつめ、美しく咲いているボタンの花に手を伸(の)ばした。
 そのとき、急に風が吹いて花が揺(ゆ)れた。
 あわててその花をつかもうとした若武者は足を滑(す)べらせて、「うおっ」と一声残してまっさかさまに落ちてしまった。
 これを見たお清は、長者の手をふりほどいたかと思うと、狂(くる)ったように駆(か)け出し、あっという間に深くて暗いふちに身をおどらせた。
 「いやぁー」
と張り叫(さけ)ぶ声が長く尾(お)をひいたそうな。 

 次の年からは、淵の断がいに、今まで見たこともないような美しいボタンの花が二輪(にりん)、寄り添(そ)って咲くようになった。
 人々は、それを“お清ボタン”と呼んで、長く二人をしのんだそうな。

 まんまん むかしが花咲いた。 

 挿絵:かわさき えり
 

長野県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

虱と蚤の由来(しらみとのみのゆらい)

虱と蚤の由来(しらみとのみのゆらい)

昔、昔、ある山の中に一軒(いっけん)の家があったと。おっ母と童(わらし)と二人、いてあったと。畑をちょっとと、お蚕(かいこ)さんをちょっと持っていたと。

この昔話を聴く

古屋の漏り(ふるやのもり)

古屋の漏り(ふるやのもり)

むかし、山奥の家で、爺さまと婆さまが、一匹の馬を飼っておった。ある雨がざんざ降りの夜に、虎がやってきて、馬をとって食おうと馬小屋にしのびこんだ。家の…

この昔話を聴く

現在598話掲載中!