こさいばん
『児裁判』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに双子の兄と弟がいてあったと。別のところに、これまた双子の姉と妹がいてあったと。縁あって、二組一緒に祝言(しゅうげん)をあげ、ひとつ長屋の隣り合わせに所帯(しょたい)を持ったと。
 そしたら、兄の嫁と弟の嫁が、同じ月の同じ日に赤児(あかご)を産んだと。

 百日たったので、兄の児も弟の児も一緒に大きなタライの中へ入れて、湯を浴(あ)びさせたと。
 そうしたら、タライから出すときになって、あんまり似ているので、どれが兄の児やら、弟の児やら、わからなくなった。 

 挿絵:かわさき えり
 兄の嫁が、
 「こら、おらの児だ」
と言えば、弟の嫁が、
 「いんにゃ、どうもおらの児みていだ」
と言う。 

 そのうち、兄と弟も混じって、あれだ、これだと言い始め、とうとうみんなこんがらかって、どれがどうやらさっぱりわからなくなったと。
 そのさまを見ていた婆ぁさ、ほとほとあきれて、
 「おまえた、そんつらこと言い合ってもきりがねえさけ、大岡様(おおおかさま)に裁(さば)いてもらったらどうか」
と言うた。

 そこで、兄の嫁と弟の嫁のふたりして、大岡様のところへ行ったと。
 「大岡様、大岡様、おらたちふたりとも同じ月の同じ日に児を産んだだ。して、今日湯浴みさせるてんで、一緒にタライの中へ入れたら、あんまり似ているんで、どれが誰の児だやらわからなくなっただ。どうしればいい」
と言うたと。 

 さすがの大岡様も、「うーん」とうなったきり、返事が出来なかった。
 「考えておくさけ、明日来い」
と言うたと。大岡様、
 「こりゃ困ったわい。明日来いと言ったども、親がわからんものをわしがわかるはずがないわい。どうしりゃいい」
 あれこれ思案したが、いい知恵が浮かばない。考え考え歩いていたら、神社の境内(けいだい)にいたと。ふと見ると、向こうで子守りが何人かいて、子供が遊んでいた。こんまい子らは子守りと一緒にいることをいやがって、勝手によちよち歩きまわっている。 

 大岡様はそれを見て、子守りのところへ行った。そして子守りに、
 「おまえた、あのこんまい子らをこうして遊ばしておいて、家へ帰るとき、間違わぬようにどうやって連れて行く」
ときいた。そしたら子守りは、
 「そんつらことわけねえ。おらが『はあ、こい』と言えば、おらとこの子がおらとこへとんでくる。なあ、みんな」
 「そだや」
 「んだ。帰るときゃ、いつも『はあ、こい』とそう言うだ」
と、口々に言うた。
 大岡様は、それを聞いて感心したと。
 次の日、兄の嫁と弟の嫁に、
 「ふたりして『はあ、こい』と言ってみろ。そうすれば、姉の子は姉んとこへ行くし、妹の子は妹んとこへ行く」
と、そう言うたと。

 それっきり。 

 挿絵:かわさき えり
 

長野県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

俄か長者(にわかちょうじゃ)

俄か長者(にわかちょうじゃ)

むかしとんとんあったずま。ある村さ、とても働き者の若い衆(し)いだけど。その若い衆、何とかして物持ちになって、長者(ちょうじゃ)さまになってみだいと、常々思っていだけど。

この昔話を聴く

お清ぼたん(おきよぼたん)

お清ぼたん(おきよぼたん)

昔(むかし)、京の都(みやこ)で源氏(げんじ)と平家(へいけ)が戦(いくさ)をしていた頃(ころ)のこと、信濃(しなの)の山あいの小さな里に、傷(きず…

この昔話を聴く

現在602話掲載中!