さるのちゅうさい
『猿の仲裁』

― 長野県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある所に大猫(おおねこ)と小猫(こねこ)がおったそうな。
 ある日のこと、この二匹(にひき)の猫が揃(そろ)って歩いて行くと道端(みちばた)におむすびが二つ落(お)ちていた。小猫の拾(ひろ)ったのは大層(たいそう)大きく、大猫の拾ったのはごく小さいものであったそうな。


 そこで大猫は小猫に向(む)かって、
 「お前はからだが小さいから、おむすびも小さいので良(よ)い。その大きなのをおれにくれ。そのかわりに、これをお前にやるから」
と言って、小さいおむすびを差(さ)し出した。
 「いやな事よ。あなたはもう大きいから、小さいので良い。私はまだ太(ふと)らねばなりませんから大きなものを食べます」
と言って、大きなのを渡(わた)さない。
猿の仲裁挿絵:かわさき えり

 
 「なあ、替(か)えようよ」
 「いやです」
 「渡せ」
 「いやよ」
 二匹の猫は喧嘩(けんか)をはじめたが、いつまでたっても互(たが)いに譲(ゆず)らない。

 そこで、猿(さる)さんのところへ行って聞いてもらおうということになり、猿に頼(たの)んだそうな。猿は快(こころよ)く聞き、すぐ手秤(はかり)を持(も)って来て、二つのおむすびを計(はか)り始めた。
ところが、こちらが重(おも)いといって大きいのを一口食い、食い過(す)ぎたといって小さい方を一口食い、とうとう二つのおむずびを全部(せんぶ)食うて終(しま)った。


 二匹の猫は二つとも猿に食われて終い、泣(な)く泣く帰(かえ)ったそうな。

  それっきり。
 
猿の仲裁挿絵:かわさき えり
 

長野県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

さか別当の浄土(さかべっとうのじょうど)

さか別当の浄土(さかべっとうのじょうど)

昔あるところに魚釣(さかなつ)りの上手な男がおったそうな。ある日、男は、屋根の葺(ふ)き替(か)えをしようと、村の人達を頼んだと。村の人達は、「お前…

この昔話を聴く

仁王とどっこい(におうとどっこい)

仁王とどっこい(におうとどっこい)

むかしむかし、日本に仁王という男がおって、力持ちでは日本一だったと。あるとき、仁王は八幡さまへ行って、「唐の国には、“どっこい”という名の力持ちがいるということだから、わしはそれと力競べしてくるべと思うとるが」と、お伺(うかが)いをたてたと。

この昔話を聴く

現在680話掲載中!