じゅうでんどんとひみのきつね
『十伝どんと日見の狐』

― 長崎県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、長崎県の山田というところに、十伝どんという男がおったと。
 その頃、やっぱり長崎の日見の峠に、いたずらな狐が棲んでいて、ときどき人をだましていたそうな。
 十伝どんは日見の峠の狐を懲らしめてやろうと思って、「焼きネズミのごちそうをする」、と使いをやると、狐は、生まれて初めてのごちそうだといって喜んでやって来た。
 十伝どんの家のそばで、トロンときれいな女子に化けて家の戸を叩きよった。
 十伝どんな、狐が化けて来ることなんぞ、とぉっくにお見透しなもんで、
 「お前の化け方には抜けたところがある。ほれ、尻尾が見えとる」
と、こう、一発かましてやった。
 女子に化けた狐は、あわてて尻を確めたと。 

 十伝どんと日見の狐挿絵:かわさき えり
 「尻尾は出とらん」
 「ワッハッハッ、お前に見えんでも、わしが見ればすぐに分かる。わしは変化の名人じゃからのぉ」
 「ふ―ん、どうしたら上手に化けられる」
 「そうやすやすと教える訳にはいかん。お前は、いったいどうやって化けとるんか」
 「おらは、七面(しちめん)ぐりというもので化ける」「そうだろう、それで尻尾が出るのだ。わしは、八面(はちめん)ぐりというもので化ける。一面ぐりだけ多いから、それだけよい訳だ」
 十伝どんがこう言うと、狐はうらやましくてならない。 

 「その八面ぐりと、おらの七面ぐりと取り換えてくれ」
と言う。十伝どんな、
 「そう簡単に取り換える訳にはいかん」
と、もったいぶってやった。
 それでも、狐がしきりと頼むので、日を改めて取り換えてやることにしたと。
 狐は待ちきれず、その翌日、七面ぐりを持ってやって来た。
 十伝どんな、昨日、狐が帰ったあとで、大急ぎで篩(ふるい)に赤紙や青紙をいっぱい張り付けて八面ぐりを作っといたから、この篩を出して、
 「これを頭にかぶると、どんなことがあっても人に見破られることはない。二つと無いものじゃからして大事に使えよ」
と言って、取り換えてやったと。 

 狐は、その晩、十伝どんの家に泊って焼きネズミをごちそうになり、翌朝早起きして、八面ぐりをかぶって日見の峠へ帰って行った。
 ところが、朝の草刈りの小僧たちがこれを見つけて、
 「おおい見ろや、狐が朝から妙なものをかぶって行くぞ」
 「赤紙や青紙をつけた篩をかぶって行くぞ」と言って、石を投げつけるやら、棒や鎌で追いまわすやら、大騒ぎ。
 狐は命からがら、峠の穴にたどりついた。
 十伝め、十伝め、ちゅうて泣いとったと。

 次の晩、十伝どんの家に乳母が訪ねて来た。
 「十伝や、お前、何でも、珍らしい狐の七面ぐりというものを手に入れたそうだね。冥土(めいど)の土産に、それを見せておくれでないか」
 十伝どんな、乳母には頭が上らんから、見せたそうな。 

 乳母が七面ぐりを手にしたとたん、
 「取り返したぁ」
 ちゅうて、乳母が狐になって、素早く逃げていったと。
 さて、その次の朝、今度は、狐の穴に神主さんの衣裳を着た稲荷大明神さまが現われた。
 「これ狐、わしは正一位稲荷大明神なるぞ」
 狐は、へへぇ―とかしこまった。
 「お前は、大事な七面ぐりを十伝に取られたそうだな」
 「そんなことはありません」
 「そんなら、あるかどうか見せてみよ」
 狐は、あわてて七面ぐりを見せたそうな。
 「穴の中では暗(くろ)うてよく見えん。外で調べてみる」
 ちゅうて、大明神さまが外へ出たとたん、着ていた衣裳を、ぱっぱっと脱ぎすて、とっとこ、とっとこ峠を下りて行ってしまった。 

 何と十伝どんであったと。
 十伝どんと狐は、それからのちも、まぁだまぁだだましっこをしたっちゅうぞ。

 これでしまいばい。

十伝どんと日見の狐挿絵:かわさき えり
 

長崎県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鮎はカミソリ(あゆはかみそり)

鮎はカミソリ(あゆはかみそり)

とんとむかし。あるお寺に、たいそう鮎(あゆ)の好きな和尚(おしょう)さんがあったと。ところが、お坊(ぼう)さんは魚や肉を食べてはいけないことになっていたから、和尚さんはいつも、小僧(こぞう)さんに隠(かく)れてアユを食べていた。

この昔話を聴く

十六人谷(じゅうろくにんだに)

十六人谷(じゅうろくにんだに)

むかし、越中、今の富山県の山奥の谷で、十六人のきこりと一人の飯たきの爺さまが仕事をしていた。毎日、毎日、斧をふるう音がコーン、コーンと谷じゅうに木魂した。

この昔話を聴く

現在611話掲載中!