ながいきくらべ
『長生きくらべ』

― 長崎県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに三匹の猿がおったと。
 三匹の猿は栗山へ栗拾いに出かけた。
 ところが、いくら探しても栗が見つからない。
 あっちこっち探して、ようやく、たったひとつ拾った。
 「俺(お)らが拾ったものだから、これは俺らのだ」
 「いや、俺らが先に見つけたから俺らのだ」
 「いやいや、俺が二人を栗拾いに誘(さそ)ったのだから、これは俺のだ」
 「俺らのだ」
 「俺らんだ」
 「俺のだぁ」
と、ひとつの栗をめぐって、たがいにゆずらないのだと。 

 挿絵:かわさき えり
 そのうち、
 「さて、これはやっかいなことになった。どげんしたらよか」
と言って、相談を始めたと。そして、一番先に生まれた者が食べることにしようと決まった。 

 まず一匹の猿は、
 「俺らは、近江(おうみ)の湖が、まだ茶碗の底ぐらいしか水がたまってない時に生まれた」
と言った。
 次の猿は、
 「俺らは、富士の山が、まだ帽子(ぼうし)くらいの高さの時に生まれた」
と言った。
 さて、残ったこいつは何と言うかと思って、三番目の猿を見ると、三番目の猿は急にシクシク泣き出した。
 「どぎゃんした」
 「びっくりしたばいな」
と先の二匹が言うと、
 「うん、俺はちょうどその頃、生まれた子猿を死なせてしもうた。長いこと忘れとったが、お前たちの言った言葉で思い出したですたい」
と言ったと。 

 挿絵:かわさき えり
 それで、この猿が一番先に生まれたということになって、栗の実を食べることになったと。

 こりぎりぞ。 

長崎県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

笠地蔵(かさじぞう)

笠地蔵(かさじぞう)

むかし、あるところに貧乏な爺さと婆さがいてあったと。年越しの前の日に爺さは、山から松の枝を取ってきて

この昔話を聴く

節分の鬼(せつぶんのおに)

節分の鬼(せつぶんのおに)

むかし、あるところに貧乏な夫(とと)と妻(かか)があったと。二人は、朝は朝星(あさぼし)の出ているうちに畑へ行き、夜は夜星(よぼし)をながめながら帰…

この昔話を聴く

現在675話掲載中!