ぺーろんのゆらい
『ペーロンの由来』

― 長崎県長崎市 ―
再話 末松 祐一
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 長崎(ながさき)では、七月の最後の日曜日、決まって港(みなと)や深堀(ふかぼり)、三重(みえ)などの村々から、ペーロンのドラの音がひびいてきます。
 一隻(いっせき)の和船(わせん)に、三、四十名の若者が、手に手にカイを持って乗り込み、勇(いさ)ましいドラの音にあわせて漕(こ)ぐのです。
 むかしは「紅(べに)ちりめんをまとい、紫(むらさき)または白のタスキがけした」と古い本には書いてありますが、今は白シャツ、白鉢巻(はちまき)姿で漕ぐのです。

ペーロンの由来挿絵:かわさき えり
 その起こりについては二つの説があります。
 一つは、中国の南部の福建省(ふっけんしょう)地方で「屈原(くつげん)」というえらい学者にまつわるお話です。

 屈原は戦国時代(せんごくじだい)の楚(そ)の上級役人で懐王(かいおう)に仕(つか)えていましたが、名声(めいせい)をねたむ他の役人からありもしないことを懐王につげ口されて、湖南(こなん)という遠い所に流されてしまいました。
 その悲しみのあまりに、泪羅(べきら)という入江(いりえ)に、懐(ふところ)に石を抱(だ)いて身を投げてしまいました。
 このとき、地元の人たちが彼を助けようと船を出し、遺体(いたい)が魚に食い荒らされないように鉦(かね)や太鼓(たいこ)を鳴らして捜(さが)したといわれています。結局、遺体を発見することは出来ませんでしたが、毎年その命日(めいにち)に霊(れい)を慰(なぐさ)めるために舟祭りを行い、船競漕(ふねきょうそう)をする風習(ふうしゅう)が始まり、ペーロンの起源(きげん)となったといいます。

 いま一つは、台湾(たいわん)の南の方にあるマリンガ島という島にまつわるお話です。
 この島は、気候(きこう)が暖(あたた)かで産物(さんぶつ)が豊かだったので、人々はなまけてばかりいました。
 ペールインという王様は、この悪い風習をどうにかして改(あらた)めたいと思い、固(かた)く人々を戒(いまし)めましたが効(き)きめはなく、心を痛めていました。
 あるとき、天の神様が、王様の夢まくらにお立ちになって、
 「王宮(おうきゅう)の前の、仁王像(におうぞう)の顔が赤くなったときは、この島に一大事(いちだいじ)が起こる。そのときは早く船に乗って、島を逃(のが)れよ」
と、お告(つ)げになりました。

 王様はおどろいて、早速(さっそく)国中に布告(ふれ)を出して知らせました。でも誰も信じません。
 これを聞いた二人のいたずらな若者が、ある夜、その仁王像にのぼって、顔を朱(しゅ)で赤く塗(ぬ)ってしまったのです。
 毎朝、仁王の顔を心配気(しんぱいげ)に見あげていた王様は、翌朝(よくあさ)それを見て、
 「これは大変」
と、びっくりして、早速、国中に船に乗って逃げるよう知らせませした。が、誰も信じません。やむをえません、王様は、王の一族とわずかの家来(けらい)を船に乗せました。
 その船が海岸を離(はな)れるや、天もくずれるような音がして、島は白波(しらなみ)にのまれて、海の底に沈(しず)んでしまいました。
 こうして、王たちの逃れ着いたところは、南シナの福州(ふくしゅう)でした。

ペーロンの由来挿絵:かわさき えり
 このマリンガ島を逃れて助かった日を記念して、家来たちは毎年、その日に小船(こぶね)に乗り、
 「ペールイン、ペールイン」
と、王様の名を呼び続けて、船を漕ぎまわりました。
 「ペーロン」の名は、これが起源であるともいわれています。

 長崎で初めてペーロン競漕が行われたのは明暦元年(めいれきがんねん)といわれています。
 当時、長崎地方は暴風雨(ぼうふうう)に相次(あいつ)いで襲(おそ)われ、唐(とう)の船が難破(なんぱ)して多くの死者が出ました。
 海の神様の気持ちを和(やわ)らげようと、市内在住の唐人(とうじん)が、自国自慢(じこくじまん)のペーロン競漕をしたのが始まりです。
 その後、長崎市や西彼杵(にしそのぎ)の海沿(ぞ)いの住民が、それぞれの地区毎に楽しむ伝統行事(でんとうぎょうじ)となりました。

 血気盛(けっきさか)んな海の男が漁場(ぎょじょう)の持ち場までかけてカイサバキを競(きそ)うため喧嘩(けんか)が絶(た)えず、
 「他流(たりゅう)試合まかりならぬ」
と、昔の年寄りたちはいったそうです。
 隣の地区から来ていた嫁(よめ)は親元(おやもと)へ帰していたという話も残っています。
 

長崎県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鮭の大介・小介(さけのおおすけ・こすけ)

鮭の大介・小介(さけのおおすけ・こすけ)

むかし、越後の国、今の新潟県の、ちょうど信濃川が海にそそぐあたりの町に大きな屋敷をかまえた長者があったと。ひろびろとした田んぼとたくさんの舟を持ち、…

この昔話を聴く

茨木童子(いばらきどうじ)

茨木童子(いばらきどうじ)

昔、千年ほども遠い昔、摂津(せっつ)の国(くに)茨木(いばらき)の里の百姓家に、一人の男の子が生まれた。ところがこの子、父も母も普通の体(からだ)な…

この昔話を聴く

現在602話掲載中!