かめのこうら
『亀の甲ら』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 うそかほんとか知らんが、その昔、亀は、カナチョロのようにすばやく走りまわっておったそうな。
 あるとき、亀が日向(ひなた)ぼっこをしているところへ、雁(かり)が七羽、パタラパタラおりてきたと。
 「雁どん、雁どん、おまえさんたちは、いつも天竺中(てんじくじゅう)を飛んであっちこっちのことをよう知っていなさる。おらときたら、いつも地べたばかりでほんとうにつまんねえ。一(いっ)ぺんでいいから、おらも天竺を飛んでみたい。おら、おまえさんたちがうらやましい」
 「亀さん、亀さん、そんなに私達のことがうらやましいなら、私達が天竺へ連れて行ってあげましょう」
 「ほんとうかい!?でも、どうやって?」 

 挿絵:かわさき えり
 「そこにある棒(ぼう)を亀さんはしっかりくわえて下さい。どんなことがあっても、決してしゃべってはいけませんよ。しゃべれば地べたに落ちますから」
 「ようしきた。おらはしゃべらんぞ」
 亀が一本の棒のまん中をくわえると、両脇(りょうわき)に、雁が三羽づつ足でつかんだ。
 一羽を先頭にして、雁と亀が空に舞いあがった。 

 亀は初(はじ)めて飛んだので、腹のあたりがこちょこちょとたよりない。思わず声を出しそうになったが、ぐっとこらえた。
 慣(な)れてくると亀はうれしくなって、そこらをキョロキョロながめていたと。
 ある村の上に飛んでくると、遊んでいた村の子供達が、雁と亀を見つけて、
 「見れや、雁と亀が飛んで来たぞ」
 「亀が雁にさらわれて行くぞ」
と、ワイワイさわぎはじめた。
 これを聞いた亀は、思わずしゃべってしまった。
 「そうでねぇ。おまえら、おらはさらわれていくんでねぇ」
 そうしたら、亀は棒を離れて、空からまっさかさまに地べたに落ちてしまったと。

 それからな、亀の甲らには、あっちこっちひびが入って、あんまり痛いもんで地べたをはうようにノソラ、ノソラ歩くようになったんだと。
 亀の目をようく見てごらん、今も涙をながしているから。 

 挿絵:かわさき えり


 

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

茗荷もの忘れ(みょうがものわすれ)

茗荷もの忘れ(みょうがものわすれ)

むかし、あるところに一軒の宿屋があった。この宿の主人はとても欲が深く、部屋に忘れもんがあると、みんな自分のものにしてしまうような人だったと。あるとき…

この昔話を聴く

河童の恩返し(かっぱのおんがえし)

河童の恩返し(かっぱのおんがえし)

むかし、あるところにひとりの正直(しょうじき)な男が住んでいたと。ある年の春、用水路の脇の田圃(たんぼ)へ田打(たうち)に行ったと。昼時(ひるどき)…

この昔話を聴く

現在580話掲載中!