ねずみきょう
『ねずみ経』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに婆サが住んでおった。
 ある晩、旅の坊ンさんが道に迷ってたずねてきた。婆サは一人住まいで寂(さび)しかったものだから、喜んで、
 「はいはい、なんぼでも、泊(と)まってくんなせ」
と、言うて泊めたと。
 夜ふけに、
 「坊ンさま、おら、いつも一人でたまらんねぇすけ、お経(きょう)をひとつ教(おせ)えてくんなせ」
と、願(ねご)うた。
 坊ンさんは、実は本物の坊ンさんではなかったから、
 『あれ、これは困ったぞ、どうしょうかの』
 と、ほとけさまの前にすわっていると、壁の穴から、ネズミがチョロチョロ出ばってのぞいていた。

ねずみ経挿絵:かわさき えり
 坊ンさんは、
 『そうだ、こいつをでたらめに言ってやれ』
 と、思って、

 オンチョロチョロ、出られっけ。

 と、読んだら、ネズミはおどろいて、そこらをキョロキョロ見まわした。

 また、それをお経にして、

 スットンキョウの、キョウロキョロ。

 と、読んだ。すると、ネズミはたまげて、穴の中へ逃げこんだと。それを、また、お経にして

 シッポに帆かけて、スタコラサッサ。

 と、読んだ。
 次の朝、坊んさんは早々に帰っていかれたと。
 その晩、婆サがお経を読んでいると、泥棒がしのびこんだ。泥棒は、めぼしいものを大風呂敷(おおぶろしき)につつみ、それを背負(せお)って部屋から出ようとすると、

 オンチョロチョロ、出られっけ。

 と、言う声がした。

 泥棒は、びっくりしてキョロキョロ見まわした。すると、続けて、

 スットンキョウの、キョウロキョロ

 と、言うので、泥棒は、
 「これは、おらが入ったことを知られているようだ。いや、こら、きびが悪いな。こんげなところにいられねぇ」

ねずみ経挿絵:かわさき えり

 と、逃げかけると、

 シッポに帆かけて、スタコラサッサ。

 と、またまた声が追いかけて来た。
 つかまえられたら一大事だと、泥棒は盗(と)った荷物(にもつ)をほうり出し、尻に帆を掛けて、逃げに逃げたと。

 とっちぱれ。

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

猿蟹ひとりぽっち(さるかにひとりぽっち)

猿蟹ひとりぽっち(さるかにひとりぽっち)

昔があったげな。ある山に猿(さる)がポツンとひとりでおったげな。海っ端(ぱた)にはカ二がポツンとひとりぽっちでおったげな。ある日猿はあんまりつまらな…

この昔話を聴く

化けくらべ(ばけくらべ)

化けくらべ(ばけくらべ)

むかし、むかし、おったと。近江八幡(おおみはちまん)さんにそれはみごとに化ける狐(きつね)が。そうして近くの寺には、これもみごとに化ける狸(たぬき)が。

この昔話を聴く

現在589話掲載中!