きのこのばけもの
『きのこの化け物』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、お宮があったんだと。
 お宮の裏で、毎晩、化け物がいっぱい出て唄ったり、踊ったりしていたんだと。
 この村に、踊りの大好きな爺さまがいて、ある時、
 「その化け物、わしが行って見とどけてくる」
と言うての、夜更けに出かけていった。
 ほしたら、お宮の裏で小人がいっぱい集まって、唄ったり踊ったりしている。
 踊りの好きな爺さまは、初めは隠れて見ていたが、その内たまらなくなっての。
 一緒に踊り始めたと。
 踊りながら、
 「お前ら、何の化け物だ」
 「俺ら、きのこの化け物だ、おめえ何の化け物だ?」 

 挿絵:かわさき えり
 「わしは、人間の化け物だ」
 「ほうか人間の化け物か、おめえは、何がいっち嫌いだ?」
 「わしは大判小判だ、おめえらは何がいっち嫌いだ?」
 「俺ら、ナスの塩水だ」
 二言、三言、言葉を交してまた踊っていた、と、ほうしている内に小人達が、大判小判を持って来て、
 「そら怖がれ、怖がれ」
と、爺さまにぶっつけはじめた。 

 爺さまは、
 「おっかね、おっかね」
と、逃げて来たと。
 ほしてナスの塩水を桶にいっぱい作って、ひき返し、
 「ほらナスの塩水だ」
と言いながら小人の頭からジャ―ジャ―かけたんだと。
 ほしたら小人はいつの間にかみんな、どっかへ行って終ったんだと。
 次の朝、爺さまが、お宮の裏へ行ってみたら、きのこがいっぱい、しおれてグダッとしていたと。
 周りには大判小判がいっぱい落ちている。
 爺さまは、それを拾って来て一生安楽に暮らしたと。

 いまがさけたどっぴん 

 挿絵:かわさき えり


 

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

おぶさりてぇい

おぶさりてぇい

むかし、ある村に太郎と次郎と三郎という三人の兄弟がおった。ある日のこと、兄の太郎が町へ買い物に行ったとき、帰りはもう夜になってしもうた。太郎が森のと…

この昔話を聴く

泣き味噌三文、笑ったら五文(なきみそさんもん、わらったらごもん)

泣き味噌三文、笑ったら五文(なきみそさんもん、わらったらごもん)

あんたさん、こういう唄、知っていなさるかい。「泣き味噌小味噌 笑ったら五文 泣き味噌三文 笑ったら五文 あっぷっぷ」泣く子へのあやし唄でね、今はあまり聞かなくなりましたが、私ら子供のころはあちこちでよく唄っていましたよ。

この昔話を聴く

現在667話掲載中!