せつ・ぶーん
『セツ ブーン』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
提供 フジパン株式会社

 むかし、あったてんがの。
 あるところに、爺(じい)さんがおって、あんまり腹(はら)が痛いもんだから、寺の和尚(おしょう)様のところへ行ったんだと。
 「和尚様、和尚様、腹が痛(いと)うてたまらんが、どうしたらいいのかのう」
 「腹が痛いのは虫がいるからじゃ。蛙(かえる)を呑めばすぐ治(なお)る」
 爺さ、さっそく蛙を呑むと、蛙がみ-んな虫を食うてしもうた。
 ところが、腹ん中を蛙が、ぺタラ、ぺタラぺタラ、歩きまわってしょうがない。
 また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中の蛙がぺタラぺタラと歩いて困るが、どうしたらいいのかのう」
 「それだば、蛇を呑めばすぐに治る」 

 挿絵:かわさき えり
 爺さ、さっそく蛇を呑むと、蛇(へび)がみ-んな蛙を呑みこんでしもうた。
 そうしたら、今度は、腹ん中を蛇が、クラリクラリ、クラリクラリ遊びまわる。難儀(なんぎ)で難儀で、また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中の蛇が、クラリクラリと遊んで困るが、どうしたらいいのかのう」
 「それだば、キジを呑めばすぐに治る」
 爺さ、さっそくキジを呑むと、キジが蛇をつつき殺してしもうた。 

 そうしたら、腹ん中でキジが、ケンケン、バタバタ-、ケンケンバタバタ-と騒(さわ)ぐんやて。難儀で難儀で、また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中のキジが、ケンケン、バタバタ-と騒いで困るが、どうしたらいいのかのう」
 「それだば、狩人(かりゅうど)を呑めばすぐ治る」
 爺さ、道で出会った狩人を、パクッと呑むと、狩人が鉄砲(てっぽう)でズド-ンと一発、キジをしとめてくれた。
 そうしたら今度は、狩人の鉄砲が胃袋(いぶくろ)ん中で、ゴツゴツとぶつかるんやて。難儀で、難儀で、また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中で狩人の鉄砲がゴツゴツぶつかるが、どうしたらいいのかのう」
 「それだば仕方ねぇ、鬼(おに)を呑まねばだめだ」
 爺さ、夜になるのを待って、鬼が出て来たところを、パクッと呑んでしもうた。 

 鬼は胃袋ん中に入って、狩人を食うてしもうた。狩人がいなくなったので、腹ん中がばか良くなったけれど、今度は、鬼の角(つの)が腹にギリギリ、ギリギリささるんやて。難儀で、難儀で、また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中で鬼の角がギリギリささるが、どうしたらいいのかのう」

挿絵:かわさき えり

 「それだば、大口(おおぐち)あいて待ってろ」
 和尚様そう言うと、爺さの口ん中へ、
 「オニはぁそと-」
と投げ込んだと。
 そうしたら、鬼はあわててあわてて、爺さの尻(しり)の穴(あな)から、
 「セツ、ブ-ン」
と飛び出て来たと。

 いっちご さっけ。 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

節分の鬼(せつぶんのおに)

節分の鬼(せつぶんのおに)

むがし、あったけど。あるお爺(じい)さん、寒の明げる晩に、「豆も無(ね)えす、嬶(かか)もいねぇのだす、一人だも、どうもなんねえ、豆なの蒔がねぇ。火…

この昔話を聴く

鬼が怖がる名前(おにがこわがるなまえ)

鬼が怖がる名前(おにがこわがるなまえ)

昔昔、あるところに正直爺と欲爺が隣あって暮らしていたと。あるとき、正直爺が山へ茸(きのこ)狩りに行ったら、いつの間にか奥山へ分け入っていて、はや日が暮れかかっていたと。

この昔話を聴く

現在614話掲載中!