ねずみといたちのよりあいだ
『ネズミとイタチの寄合田』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところにネズミとイタチがおって、川原でばったり出合ったそうな。
 「ネズどん、ネズどん。ここの草むらをおこして、二人で粟(あわ)でも蒔こうや」
 イタチがそういうと、ネズミも、
 「それもいいな」
といって、気が合うた。
 ふたりは、草むらをおこして粟の種を蒔いたと。
 やがて芽を出し、いい具合に伸びてきた。
 そこで、イタチがネズミの家へいって、
 「ネズどん、ネズどん。粟がだいぶん伸びたようだが、畑の草むしりに行こうや」
というと、ネズミは、
 「イタチどん、俺(おれ)は風邪をひいたようだ。悪いけど一人で行ってくれないか」 

 挿絵:かわさき えり
 という。イタチは一人で畑へ行って、汗をぬぐいぬぐい草をむしって来た。
 何日かたって、イタチがまた、
 「ネズどん、ネズどん、今日は一緒に畑へ行かんかい」
というと、ネズミはまた、
 「イタチどん、俺、今日はあいにく他に用があって」
と断わった。 

 イタチはまた一人で畑へ行って、草をむしったり、虫をとったり、肥をくれたりして、暗くなるまで働いて帰ったと。
 丹精(たんせい)こめた甲斐(かい)あって、やがて、粟は狐の尻尾のような穂を出した。
 イタチは、粟の穂が、だんだん黄金色になってくるのを見て、毎日楽しんでおった。
 ところがある晩、ネズミがこっそり粟の穂首を刈りとって、粟餅(あわもち)を搗(つ)いて子供たちと食ってしまった。
 そうとは知らないイタチが畑に行くと、粟の穂首がきれいにもがれている。
 がっかりして、途方に暮れていると、そこへ鳶(とんび)がやって来た。
 「トンビどん、トンビどん。お前さん、だれが粟の穂首をとったか知らないかい」
と聞くと、鳶は、
 「ひとのもん、おらが何知るや。ピンロロピンロロ」
といって飛んで行ってしもうた。 

 烏(からす)が木に止っていたので、
 「カラスどん、カラスどん。お前さん、だれが粟の穂首をとったか知らないかい」
と聞くと、カラスは
 「ひとのもん、おらが何知るや。ガァオン、ガァオン」
といって、飛んで行ってしもうた。
 雀が川原に水飲みに来たので、
 「スズメどん、スズメどん。お前さん、だれが粟の穂首をとったか知らないかい。」
と聞くと、スズメは、
 「ひとのもん、おらが何知るや。チュンチュク、チュンチュク」
といって、飛んで行ってしもうた。
 イタチはがっかりして、ネズミの家へ行き、
 「ネズどん、ネズどん。おらとお前の粟が誰かにとられてしもた」
と、すまなそうに話すと、ネズミは、
 「それはまあ、困ったこんだ」
といって、何食わぬ顔をしたと。 

 すると、ちょうどそこへネズミの子供たちが出てきて
 「ゆんべの粟餅、もっと食いてぇ」
といった。
 親ネズミがあわてて、
 「しいっ、だまってれや」
と、しかったが、小っさい方の子供が、
 「粟餅くいてぇ」
 「くいてぇ」
と、口を揃えてせがむので、イタチはやっとさとったと。
 「さては、粟の穂首を刈りとったのは、お前のしわざだろう」
と、かんかんに怒って、ネズミを押さえつけて、その、いやしい歯を引っこ抜いてやった。
 「全部抜きたいところだが、ちいっとは無きゃ、これから先困るだろう」
といって、前歯二本だけ残して勘弁(かんべん)してやったと。
 

 挿絵:かわさき えり
 ネズミの歯が二本だけになったのは、これからなんだそうな。

 いちごさっけ、ねずみの尻尾ぶらんとさがった。 


 

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

長生きくらべ(ながいきくらべ)

長生きくらべ(ながいきくらべ)

むかし、むかし、あるところに三匹の猿がおったと。三匹の猿は栗山へ栗拾いに出かけた。ところが、いくら探しても栗が見つからない。あっちこっち探して、よう…

この昔話を聴く

アカマタ聟入りと浜下りの由来(あかまたむこいりとはまうりのゆらい)

アカマタ聟入りと浜下りの由来(あかまたむこいりとはまうりのゆらい)

昔、あるところにね、機織り(はたおり)の上手な美しい娘がいたって。その娘のところにね、夜な夜な、赤い鉢巻(はちまき)をした美しい男が通(かよ)って来…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!