でこはなとてなが、あしなが
『でこ鼻と手長、足長』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 ざっと昔があったてや。
 あるところに、でこ鼻と、手長と、足長の三人がおったと。
 でこ鼻はでっかい鼻をしてるし、手長はばかに手が長いし、足長は足が人の何倍もあったと。
 あるとき、三人でお伊勢参りをしたと。米山薬師の所まで来ると、見晴らしがいいので一休みしたと。
 でこ鼻が、
 「おう、こらええ気持ちだ。酒でも呑みたいな。足長、お前、一っ走(ぱし)り走(はし)って酒買ってこいや」
というたら、足長は長い足で長岡(ながおか)の町まで酒買いに走った。一反(いったん)の田圃(たんぼ)もひとまたぎで、あっというまに買って戻ったと。

でこ鼻と手長、足長挿絵:かわさき えり
 そしたら今度は、手長が長い手を小千谷(おじや)の海まで伸ばして、魚をとってくれた。
 三人は酒呑んで、ごっつぉ食べて、ぐっすり寝入ったと。
 しばらくたって、一番先に目を覚ました足長が、でこ鼻の鼻の穴をのぞきこんで、
 「なるほどでっこい鼻だ。ちょいと隠れてやろか」
というて、鼻の中にずんずん入っていったと。
 でこ鼻は、鼻がくすぐったくて、ハックションって、くしゃみをしたと。それがあんまりでっかい音で、手長が目を覚ました。

 「どうした、でこ鼻」
 「俺れの鼻ん中で何かが動きまわっているような・・・ハッ、ハッハックショ―ン」
 「おれが捜してみるべ」
 手長がその長い手をでこ鼻の中に入れてさぐっていたら、中にいた足長が面白がって、手長の手を踏みつけたと。
 「あいたたたぁ、どうやら、足長が中にいるようだなぁ。ひとつ呼んでみるべか」
 「ああ、そうしてけろ、どうにもこうにもくすぐったくって・・・ハックショ―ン」
 手長がでこ鼻の鼻の中に頭を入れて
 「おうい、足長よ―、おめ、そんなところで何しとるや―」
といった、
 「おう、おら―、煙草(たばこ)を刻(きざ)んどる最中(さいちゅう)だぁ一ぷくしたら出て行く―」
と返事がかえって来たと。
 「お、俺の鼻ん中で火ぃつけられたらたまらん。手長よ、何とかしてくれ」

 「と言われてもなぁ・・・、
 おうい足長よ―、中で火ぃつけても大丈夫(だいじょうぶ)かや―」
 「なんの火ぃぐらい。でこ鼻の鼻ん中には千軒の町があるすけぇ」
 「お、おい、でこ鼻、足長があんなこと言うてるが本当かや」
 「まさか、いっくら俺の鼻がでっかいったって、そんなことはねぇ」
 「おうい足長ぁ、嘘(うそ)こくでねぇ―」
 「なんの嘘なもんかぁ、嘘だと思うなら出して見ろや―」
 「よろ―しっ」
 手長が両手をぐ―んと鼻ん中にさし入れて改めてさぐってみると、確かに何かあり気なようすだ。

 力を込めて、ずるり、ずるり引っ張り出したら、何と、本当に千軒の町が出て来たと。
 それが、今日の柏崎(かしわざき)の町だったと。
 でこ鼻は驚くやら、得意になるやら、

 とても参らば米山薬師
 花の柏崎 目の下だ

 と歌ったと。

 いちご栄え申した。

でこ鼻と手長、足長挿絵:かわさき えり

 

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鬼ガ島の目一(おにがしまのめいち)

鬼ガ島の目一(おにがしまのめいち)

むかし、ある村に両親にさきだたれた娘が一人で暮らしておった。あるとき、娘は山に椎(しい)の実を拾いに行った。その頃は鬼がいて、鬼ガ島から赤鬼がカゴを…

この昔話を聴く

蛙女房(かえるにょうぼう)

蛙女房(かえるにょうぼう)

昔、あったてんがな。あるところに父(とっつあ)と嬶(かっか)があった。あるとき父が沼のほとりを歩いていたら、道端(みちばた)で一匹の蛙(かえる)が蛇…

この昔話を聴く

現在593話掲載中!