ねずみのすもう
『ネズミのすもう』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに貧(まず)しい爺(じい)さと婆(ばあ)さがおったと。
 ある時、爺さは山へ芝刈(しばか)りに行くと木のかげから、何やら"ヨイショ""ヨイショ"と声が聞こえてきた。
 何だろうと思って覗(のぞ)いてみたら、でっかいネズミと、ちんこいネズミが相撲(すもう)をとっていた。
 ちんこい、やせたネズミは、負けてばかりいて、爺さんちのネズミだった。
 でっかい、太ったネズミは、長者(ちょうじゃ)どんちのネズミだったと。

ネズミのすもう挿絵:かわさき えり
 爺さは
 「こら、まあ、負けてばっかりじゃ、俺らちのネズミが可哀相(かわいそう)だ。」
と思いながら、家へ帰るとこの事を婆さに話してやった。
 「ほんじゃ、餅(もち)でもついて食べさせ、力を強くしてやろうかいね。」
 「んだ、婆さ、そうすべや」
 その晩(ばん)、二人で餅をついて、ネズミのいるところへ置いといてやった。

 次の日、爺さが山へ芝刈りに行ってみると、また"ヨイショ""ヨイショ"と声が聞こえた。
 爺さが、そっと近寄(ちかよ)ってみると、今度は、ちんこい、やせたネズミが勝ってばかりいる。
 そのうち、負け通しの長者どんちのネズミが
 「お前、いつもと違(ちが)って、どうしてこんなに力がついたや。」
と、言うた。
 「俺らちは、よんべ、爺さと婆さが餅ついて食わしてくれた。そんで力がついた。」
 これを聞くと長者どんのネズミは、うらやましくてならない。
 「そんなら、俺らも行くから、ごっつおうしてくんないかなあ。」
 「したけども、俺らちは貧乏(びんぼう)だもん、餅っコなど、めったにつけねえ」
 爺さんちの、ちっこいネズミは困って言った。

 すると太った長者どんちのネズミが、
 「俺らちは、長者どんのくせに、一遍(いっぺん)も餅などを食わしてもろた事ねえ。そうだ、長者どんの銭(ぜに)コ、いっぺえ持って頼んでみよう。」
 「ほんじゃ、いっぺえ持ってこいや」
 物かげで、この話を聞いた爺さは、家へ帰ると、また婆さに話して聞かせた。

 その晩、爺さと婆さは、自分たちの食う米を半分餅米に替(か)えて餅をつき、二匹分をネズミの居る処へ置いてやった。
 そしてその傍(かたわら)に、赤いふんどしも二本作って揃(そろ)えてやった。

ネズミのすもう挿絵:かわさき えり
 夜更(よふ)けになって長者どんちのネズミが銭コをたくさんかついでやって来た。
 餅はあるし、赤いふんどしまであるのを見て、大喜び。
 餅を腹いっぱい食うと、銭コを置いて帰っていった。


 次の日、爺さが山へ行くと、二匹はでっかい声で相撲(すもう)を取っていた。
 今度は長者どんのネズミも、爺さのネズミも、どっちも強くて勝負(しょうぶ)なしだと。
 二匹のネズミは、
 「こら爺さと婆さのおかげだ。」と、喜んで、またまた銭コをいっぺえ持って来たと。
 爺さと婆さは、その銭コで長く長く幸せに暮らしたそうな。

 いちごさっけ、ネズミの尻尾(しっぽ)
 ぶらんとさがった

 

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

湖山長者(こやまちょうじゃ)

湖山長者(こやまちょうじゃ)

むかし、因幡(いなば)の国(くに)、今の鳥取県に湖山長者という大層欲深かな長者がおったと。長者の田んぼは千町もあって、その田んぼを一日で植えるしきた…

この昔話を聴く

鶴とばくちこぎ(つるとばくちこぎ)

鶴とばくちこぎ(つるとばくちこぎ)

むかし、あるところにバクチ打ちいたと。毎日、毎日バクチ打ってなんもかも無くなってしまったと。しまいに自分の嬶(かか)を売りに行ったと。して、「何時何…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!