『ドウモとコウモ』

― 新潟県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 とんとむかしあったと。
 京都(きょうと)にドウモという素晴(すば)らしく腕のいい医者があった。一方、江戸(えど)にもコウモという、これまた素晴らしく腕のいい医者があった。二人は、
 「わしこそ日本一の名医(めいい)だ」
と言うて、ゆずらんかった。
 それで、どちらが名医か、ひとつ腕競べ(うでくらべ)をしようということになって、京都のドウモが江戸のコウモのところへやってきたと。

ドウモとコウモ挿絵:かわさき えり
 ドウモが、
 「お前は切った腕をつなげるか」
と言うたら、コウモは、
「腕をつなぐことなど朝飯前だ」
と答えた。

 「そんならついでみろ」
と言うが早いか、ドウモは自分の腕をスパッと斬(き)り落とした。そしたら、コウモはあっという間にドウモの腕をついでみせた。傷あとが分からんくらい上手(じょうず)についだと。
 コウモが、
 「どうじゃ、これほど見事(みごと)にはお前には出来まい」
と言うと、ドウモは、
 「そんなこと、たやすいことよ」
と答えた。
 「そんならやってみい」
と言うて、コウモが自分の腕を斬り落としたら、ドウモはなれた手つきでコウモの腕をついでみせた。傷あとが分からんくらい上手だと。

 これでは勝負にならん。首を切ってつなごうということになったそうな。
 先(ま)ず、コウモがドウモの首を切った。頭がドテンと下に転がったと。周囲(まわり)で観ていた見物人たちが、
 「こりゃ、たいへんだ。江戸のコウモが京都のドウモを殺してしもうた」
と、大騒(おおさわ)ぎしだした。が、コウモは落ち着きはらって、
 「皆の衆(しゅう)、そんなに騒(さわ)ぐことはない」
と言うて、首を元の通りつないで見せた。
 ドウモが生き返ったので見物人たちはたまげて、さっきより大騒ぎだと。
 次は、ドウモがコウモの首を切り落とし、すぐに元通りにつないで生き返らせた。
 また、勝負なしだったと。

 それで二人は、
 「かわりばんこに首を切ったって、どっちが勝ってどっちが負けたかわからん。今度は、二人で一緒に首を切ってつないでみよう。それならどっちが速いか分かるじゃろう」
と言うて、ドウモとコウモは、一、二の三と掛け声をかけて、同時にお互いの首を切り落としてしまったと。
 ところが、両方一緒に首を落としたから、その首をつなぐ者がおらんようになった。
 ドウモとコウモは死んでしまったと。
 それからというもの、どうすることも出来ないことを『どうもこうもならん』と言うようになったそうな。

  いっちごさっけ 鍋の下ガリガリ。

ドウモとコウモ挿絵:かわさき えり

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

自分の頭を食った蛇(じぶんのあたまをくったへび)

自分の頭を食った蛇(じぶんのあたまをくったへび)

むかし、あるところに大分限者(おおぶげんしゃ)で、とても話の好きな婆(ば)さまが住んでおられたそうな。その隣には、彦八(ひこはち)といって、こちらは…

この昔話を聴く

順めぐり(じゅんめぐり)

順めぐり(じゅんめぐり)

むかし、あるところに、一人の猟師(りょうし)がおったげな。ある日、鉄砲をかついで山に出掛け、藪(やぶ)にしゃがんで獲物(えもの)が来るのを待っちょっ…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!