てんぷくちふく
『天福地福』

― 新潟県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに貧乏(びんぼう)なお爺(じい)さんがおったと。
 「正月二日の晩に、宝船(たからぶね)の絵を枕(まくら)の下にして寝(ね)れば良い夢を見る」
と聞いたので、爺さんはその通りにして寝た。

天福地福挿絵:かわさき えり
 朝になると爺さんは、
 「おら、天から福を授(さず)かる夢を見たや。天福(てんぷく)の夢だ。いい夢じゃった」
と言って喜(よろこ)んで起きてきた。

 ほして春になって、爺さんは山の畑へ行って畑打ちをしていたら、鍬(くわ)に何か、カンカンと当たるもんがあった。
 「はて、こら何だやら」
と思うて掘(ほ)ってみたところが、金瓶(かながめ)が出てきた。
 「こら、金瓶でねか、金がいっぺ詰(つ)まっている。だどもこれは地から授かった地福だ。おらの授かったのは天福だすけ、これは家へ持って帰れねえ」
 こう言って、そのままそこへ埋めて帰ったと。
 ほうしてその夜、隣の爺さんがもらい湯しに来たんだんが、畑の金瓶のことを話して聞かせたと。

 隣の爺さんは、それを聞くとじっとしていられねえで、こっそり、堀に行ったと。
 ほうしたら、金瓶どころか、蜂(はち)の巣(す)のでっこいのが出て来て、蜂がブンブン飛んで、顔やら、手足やら、あちこちを刺(さ)されたと。
 隣の爺さんは腹がたってならん。
 「あの爺々(じじい)は何を言うているやら。金瓶だなんて言うてっからに、こら蜂の巣だ」
と、ぷりぷり怒って、ボロ布を見つけてきて蜂の巣にかぶせると、にっくい貧乏爺さんの家の高窓から、グーンと投げこんだ。

 ほうしると、蜂の巣は金瓶になり、金瓶は割(わ)れて、ザン、ガラリンと大きな音がしたと思ったら、中からいっぱい大判小判が降ってきた。
 家じゅうに金が散らかったと。
 「そおら、天から金瓶が降ってきた。これこそおれに授かった天福だ」
ちゅうて、爺さんは大喜びでその金をもろうたと。

  いちご さぁけぇた。どっぴん。

天福地福挿絵:かわさき えり

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

あぶの夢(あぶのゆめ)

あぶの夢(あぶのゆめ)

とんと昔あったでん。ほかほかと南の風が吹くあたたかい日に、村の若い者が二人して、春山へたきものきりに行ったと。ひとりの男は山に消え残った雪をいじって…

この昔話を聴く

金貸しほととぎす(かねかしほととぎす)

金貸しほととぎす(かねかしほととぎす)

むかし、むかし。あるところにお寺があって、和尚さんが一人で住まっていたって。この和尚さん、お寺の本堂を建てたいと思っていたけどお金が無かったって。和…

この昔話を聴く

現在666話掲載中!