うそこきさざなみ
『嘘こきさざなみ』

― 新潟県 ―
再話 水沢 謙一
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 とんと昔があったげど。
 嘘(うそ)こきさざなみは、いつも嘘ばっかり言うているので、地獄(じごく)のえんま様が、
 「嘘こきさざなみは娑婆(しゃば)におくと、為(ため)にならんすけ、地獄へつれてこい」
と鬼(おに)どもに言いつけたと。
 
 正月十六日に赤鬼と青鬼が火の車ひっぱって、さざなみを迎(むか)えに行った。正月十六日は地獄の釜(かま)のふたが閉(と)じられる休みの日で、罪人(ざいにん)が休みで家に帰っている日だから、その日は罪人がそこいらにウヨウヨといて、火の車のじゃまになって、どうしようもねかったと。

 赤鬼と青鬼がさざなみの家へ行ったら、さざなみは、他の家へ嘘こきに遊びに行っていた。その家へ行って、
 「さざなみは居るか」
 「居た」
 「お前はこの火の車に乗って、地獄へ来い。迎えにきた」
と言うた。
 
嘘こきさざなみ挿絵:かわさき えり

 さざなみはえんま様の前へ連れて来られた。
 「お前が嘘こきさざなみか」
 「はい」
 「お前は嘘ばっか言うているすけ、舌(した)を抜(ぬ)いてしまう。その釘(くぎ)抜きをよこせ」
 「えんま様、舌を抜くのをちっと待ってもらいたい。嘘のこき治めに、もう一ぺんだけ嘘をつかしてもらいたいども、どうですか」
 「どうせお前の舌を抜くんだすけ、もう一ぺんなら言うてもよい」
 「えんま様、おらの言う嘘が、嘘でなく本当のことだったらどうします」
 「お前の嘘が、もし、本当であったら、また娑婆へ帰してやるこて」
 「それでは言うど。
  えんま様の舌を、おらが抜いてやる」
 「ほお、さざなみや、でっこい嘘を言うたな」
 えんま様おかしがって舌を出して笑った。その舌を、さざなみは釘抜きではさみ、えんま様の腹に足を掛(か)けて、チョコチョコと抜いたと。

嘘こきさざなみ挿絵:かわさき えり
 「さあ、約束通り、おらは娑婆に帰る」
と言うて、罪人台帳(ざいにんだいちょう)を墨(すみ)で真っ黒けに塗(ぬ)ってから戻ったと。

  これで いっちこさっけ、どっぺん、鍋の下ガラガラ。
 

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

むかし。相模湾の三ツ石の沖にサメの夫婦が住んでおったと。夫婦は、ここへ漁師の舟が来ると追い返しては、子ザメを守っておったと。「三ツ石へ行くでねぇ。主のサメにおそわれるぞ」と、漁師たちは、この沖を地獄のように恐れて近寄らなかったと。

この昔話を聴く

念仏婆さん(ねんぶつばあさん)

念仏婆さん(ねんぶつばあさん)

むかし、ある所にうんと念仏が好きなお婆さんがおったそうな。この念仏婆さんも、寄る年波には勝てずに、とうとう死んでしもうたと。

この昔話を聴く

現在685話掲載中!