せつぶんのおに
『節分の鬼』

― 新潟県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに貧乏(びんぼう)なトトとカカがおったと。
 ある節分(せつぶん)の夜のこと、あちこちの家では、「鬼(おに)は外、福は内」って豆まきが始まったと。
 そしたらトトは、
 「おら家(え)も毎年、『鬼は外、福は内』って言うども、あいかわらずの貧乏所帯(びんぼうじょたい)だ。どう言うても変わりねえなら、今年はちいっと、風変りにやろうかい」
言うて、
 「福は外、鬼は内。福は外、鬼は内」
と、でっかい声で呼ばって豆まきしたと。

節分の鬼挿絵:かわさき えり
 そしたら、あっちからこっちから、赤鬼や青鬼どもが鉄棒(てつぼう)かついで、
 「痛(い)てて、痛てて」
 「ありがたや、ありがたや」
言うて、逃げ込んできた。

 「トト、カカ、お前(め)たちだけだ、鬼は内ゆうて、俺(おれ)たちを呼ばってくれたのは。ありがたかったぁ」
 「ほんに、ほんに。見てくれ、俺のこのアザを。熱っちい豆をぶつけられて、ヤケドだらけになっちまったい。おお痛で」
と、口々(くちぐち)に言うんだと。
 トトとカカは魂消(たまげ)て魂消て、へなへなって土間にへたりこんだままで「あわわわ」言うとる。
 鬼は、そんなトトとカカをひょいとつかんで、囲炉裏端(いろりばた)にペタンと座らせたと。
 「おどろかしてすまね。トトとカカは俺たちを呼ばってくれたんだ。とって食わねから心配しないでええ」
 トトとカカは、それ聞いてやっと安心したと。
 「トト、カカ、俺たち、逃げまわってのどが渇(かわ)いた。酒を御馳走(ごっつおう)してくれんか」
 「俺はヤケドの薬だ」
と言うもので、カカはやっとのことで、

 「おらちは貧乏だで、何もねえのだ」
と言うたと。そしたら、赤鬼と青鬼が一匹(いっぴき)ずつ、フンドシをはずしてトトに渡した。
 「このフンドシを持って、金に替(か)えて、歳(とし)とり酒と、歳とり肴(ざかな)を買ってきてくれ」
 トトは赤いフンドシと青いフンドシを持って質屋(しちや)へ行った。
 番頭(ばんとう)は鬼のフンドシを手に取ってつくずく見おったが、奥へ入ったっきり、なかなか出てこない。
 トトが心配しているところへ、番頭がようやく戻(もど)ってきた。
 「主人(しゅじん)と相談したども、そう沢山(たくさん)は貸(か)してやれない」
 「どれくれえ、貸してもらえるだろか」
 「千両(せんりょう)よりは貸せらんねえが、ええかのう」
 トトはたまげてしもうた。

 千両の金を背負ったトトは、帰りに酒と肴と米、醤油(しょうゆ)、味噌(みそ)をしこたま買って戻ったと。
 鬼たちはゴッツオを食べて、酒を呑(の)んで、フンドシをほどいて、皆々フリチンで踊(おど)ってばか騒(さわ)ぎしたと。
 その騒ぎを隣の爺(じ)さが聞きつけて、
 「隣では、何ごとがおこったやら、バカに賑(にぎ)やかだども」
言うて、のぞきにきた。
 そしたら、フンドシをはずした赤鬼や青鬼が、トトとカカと一緒に踊っているんで、もっとよく見ようと家の中に入りかけた。
 トトが、
 「そこへきたのは何者だあ、酔(よ)っぱらいか」
と聞いたら、隣の爺さは、
 「わしゃ酔っぱらいでねえ、正気(しょうき)だ」
と言うた。
 それを聞いた鬼どもは、魔物退治(まものたいじ)で有名な鐘馗様(しょうきさま)がきたと思うて、

 「鐘馗がきたんじゃ、こうしてらんねえ」
言うて、フンドシや鉄棒を置いたまま、裏口(うらぐち)からあわてて逃げて行った。
 トトとカカは、鬼のフンドシと鉄棒を売って、大金持ちになったと。

  いちがさけ申した。
 
節分の鬼挿絵:かわさき えり
 

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

竜宮猫(りゅうぐうねこ)

竜宮猫(りゅうぐうねこ)

とんと昔のことや。あるところに三人の姉妹(しまい)がおったんやと。おおきゅうなって、三人とも嫁(とつ)いで行ったが盆暮になると、きまって、里の母ごに…

この昔話を聴く

亥の子祝いの起こり(いのこいわいのおこり)

亥の子祝いの起こり(いのこいわいのおこり)

むかし、ある山里(やまざと)に娘とおっ母(か)さんとが暮らしておったと。山の畑には真ん中に大っきな石がデンと座っていて、じゃまになって困っていたと。

この昔話を聴く

現在619話掲載中!