そうりょうむすこ
『惣領息子』

― 新潟県佐渡市 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに爺(じ)さと三人の兄弟(きょうだい)が暮(く)らしておったと。
 ある日、爺さが兄弟を集めて、
 「お前(め)だち、どうやらわしも年をとった。今日はひとつ、いちばん大きな事を言うた者(もん)にかまどをゆずりたいが、どうだ」
と、言うた。
 すると末っ子の弟が、
 「おらぁ、千石船(せんごくぶね)にいっぱいの米を、二日にも食うような身代(しんだい)になってみてえ」
と言うた。

惣領息子挿絵:かわさき えり
 爺さは、
 「うん、なかなか大きい大きい」
と、にこにこしながらうなずいたと。

 すると、まん中の弟が負(ま)けられんとばかりに、
 「おいらぁ、近江(おうみ)の湖(うみ)を庭の池とするような身代になってみてえ」
と言うた。爺さは、
 「うんうん。それもなかなか大きい大きい」
と、あごをなでなで、うなづいたと。
 さて、最後に残(のこ)った兄がどんな大きなことを言うかと、爺さも二人の弟も兄の方を向(む)いてうながしたが、兄は腕組(うでぐ)みをして、目をつむったまま黙(だま)っている。

 しびれを切らした末っ子の弟が、
 「兄者(あにじゃ)、何か言え、早よ言え」
とせかしたら、まん中の弟が、
 「兄者は、おいらが言うたことより大きいことが浮(う)かばなくて黙っているんか」
と、勝ちほこったように言うた。爺さも、
 「これ、兄や、お前え、いったい何が欲(ほ)しい」
と、さいそくしたら、やっと兄は目をあけ、爺さと弟たちを順番(じゅんばん)に見やったあげくに、
 「おらぁ、赤牛(あかべこ)のキンタマを三つ欲しい」
と言うた。

 爺さも、二人の弟もあっけにとられて、目をぱちくりしたと。
 ややあって、爺さが、
 「なに、赤牛のキンタマ・・・・・・だと。お前え、それをなんにする」
と聞くと兄は、
 「おらぁ、そのキンタマを、爺さが口へ一つ、弟どもの口へ一つずつ押(お)し込(こ)んでやりたい。そんな及(およ)びもつかんことを言うたって、何になる。言うても、言わいでも、おれが惣領(そうりょう)に決(き)まっとる」
と、こう言うたと。

  おしまい。

惣領息子挿絵:かわさき えり

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

しのぶ地蔵(しのぶじぞう)

しのぶ地蔵(しのぶじぞう)

むかし、あるところに忍(しのぶ)と健(けん)の姉弟(きょうだい)がおった。姉の忍は八歳、弟の健は六歳であったと。二人の両親は、三年前の大水(おおみず…

この昔話を聴く

虱と蚤の由来(しらみとのみのゆらい)

虱と蚤の由来(しらみとのみのゆらい)

昔、昔、ある山の中に一軒(いっけん)の家があったと。おっ母と童(わらし)と二人、いてあったと。畑をちょっとと、お蚕(かいこ)さんをちょっと持っていたと。

この昔話を聴く

現在593話掲載中!