ほういんさまとにょうぼう
『法印様と女房』

― 新潟県岩船郡 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 とんと昔があったと。
 昔、丸坊主頭(まるぼうずあたま)の法印様(ほういんさま)と女房(にょうぼう)が連れだって旅をしたと。
 長い道中(どうちゅう)で、女房が小便(しょうべん)が出たくてたまらなくなった。人のいない道端(みちばた)でかがもうとしたら、法印様が、
 「これこれ、そんげのどこで小便をしてはならん。そこに荒神様(こうじんさま)が祀(まつ)ってある。大事(だいじ)なところだ」
と言うた。女房は我慢(がまん)して歩いて行ったと。

 行くが行くが行くと道のはずれに、大っきな木があった。
 道をはずれて、その木の陰(かげ)に廻(まわ)ろうとしたら、法印様から、
 「これこれ、そんげのとこで小便してはならん。そこに庚申様(こうしんさま)が祀ってある。大事なところだ」
と言われた。女房は、また我慢して行ったと。
 
法印様と女房挿絵:かわさき えり

 道はやがて川に沿(そ)った土手(どて)になった。そしたら川風が冷(ひや)っこくて、いよいよ我慢出来なくなった。橋(はし)がかかっていたので急(いそ)いで橋の下へおりたと。
 着物の裾(すそ)をまくろうとしたら、法印様が、
 「これこれ、そんげのところで小便してはならん。そこに水神様(すいじんさま)が祀ってある。大事なところだ」
と言うた。女房は泣きたくなった。それでも我慢して土手を登ろうとしたら、はいていた草履(ぞうり)の紐(ひも)が解(と)けたと。かがんで草履を取ろうとしたら漏(も)れかかった。それで法印様に、

 「紐を結(むす)んで下さいな」
と、苦(くる)しそうに頼(たの)んだと。
 法印様が女房の足元にかがんで紐を結んでいたら、女房の我慢の緒(お)も切れた。つい、法印様の丸坊主の頭へ、ジャジャーとかけたと。
 「わっ、わっ、わっ、ペッ、ペッ、わあぁこれ、何をするか」
 「す、すみませぇん。で、でも、止まッりッませぇん」
 女房は、かがんだ法印様の肩(かた)を押(お)さえこみ、
 「ご、ご免なさい。でも、ああ、きもちいい」
と言うた。

 すっきりした女房に、法印様、
 「亭主(ていしゅ)の頭に小便をひっかけるとは、何ごとだ」
と怒(おこ)ったら、女房はすまして、
 「おらは、ずうっと小便したくてたまらんかったのに、しようとしたらお前さんが、あっちでもこっちでも、どこでも神がおられる言うて、させてくれなんだ。かがんだお前さんの頭を見たらカミが無いもんで、ついしてしもた」
と、こう言うたと。

  いきがさけた どっぴん。

法印様と女房挿絵:かわさき えり

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

キツネの恩返し(きつねのおんがえし)

キツネの恩返し(きつねのおんがえし)

むかし、あるところに、ひとりの爺(じ)さが居てあったと。爺さは、毎日山へ木をきりに行っていたと。ある日、爺さが山へ行ったら、ケン、ケーン、クーン、と苦しそうなキツネの鳴(な)き声が聴(き)こえてきた。

この昔話を聴く

黒牛と熊(くろべことくま)

黒牛と熊(くろべことくま)

むかし、あるところにひとりの男がおって闘牛(とうぎゅう)を飼(か)っていたと。黒牛(くろべこ)の、すばらしい闘牛だと。角(つの)は人の腕(うで)より…

この昔話を聴く

現在628話掲載中!