しょうがつふつかのゆめ
『正月二日の夢』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに貧乏(びんぼう)な一人者の男がいて、山の畑に黒豆をまいて真面目(まじめ)に働(はたら)いておったと。

 正月二日の晩に、夢枕(ゆめまくら)に神様(かみさま)が立って、こう言ったんだと。
 「お前は真面目な男だから、金瓶(かながめ)を授(さず)けてやる。この山の向こうの村に、身上(しんしょう)持ちの旦那(だんな)がいるが、そこの家の庭(にわ)の梅の木の下に、金瓶が埋(う)まっておる。お前にそれを授けてやろう」

正月二日の夢挿絵:かわさき えり

 次の日、男は喜んで、山を超えて出掛けて行った。
 村についた時には、もう日暮(ひぐ)れだった。
 で、そこの旦那に、こういう訳だから梅の木を掘(ほ)らせてもらいたい。もし金瓶があればお前さまと半分割(わ)けにしよう、と持ちかけた。
 その晩、男は泊(と)めてもらったと。

 男が寝てしまうと、旦那は、
 「あの男はあんなことを言うが、金瓶が本当にあるか、掘ってみよう」
と、夜中に、梅の木の下を掘ったんだと。
 しかし、何も出てこなかった。
 
 朝になって、旦那が、
 「いや、まことに恥(はずか)しい話だが、金瓶が本当にあるかないか気になっての、夜中に掘ってみたれば、カチンと音がして黒いもんが山の方へ飛んで行った。そのあとも掘ってみたけども何も出て来なかった」
と、詫(わ)びた。

 「やっぱし、ただの夢だったのか」
 男は、旦那に一晩のお宿のお礼を言って帰ることにしたと。

 男が山のてっぺんにさしかかると、黒い衣(ころも)を着た坊(ぼ)ん様が、岩に腰掛(こしか)けて休んでいた。
 「お前はどこから来たかや」
 坊ん様が男に声をかけた。
 「俺ら、正月二日の初夢(はつゆめ)を見て、金瓶を掘りに行ってきたけども、何にも無かった。坊ん様ぁ、山の陽はあっと言う間に暮れちまう。山径(やまみち)はあぶねえから、今夜は俺らん家(ち)へ泊まるとええ」



  次の朝、男が坊ん様を起こしに床へ行ってみたら、坊ん様がいないんだと。
布団(ふとん)をまくってみたら、大きな金瓶があった。
 「金瓶が坊ん様になって、俺らどこへ来てくれただな。初夢は正夢(まさゆめ)だった」
 男は大喜び。
 そのお金で畑を買い足し、黒豆をたくさん作って大儲(おおもう)けしたので、のちのち人々からは「黒豆長者(くろまめちょうじゃ)」と呼ばれるようになったと。

 正月に黒豆を食べるのは、黒豆長者にあやかって、健康(けんこう)で、まめまめ働いて、分限者(ぶげんじゃ)になれるように、って願いがこめられているからなんだと。
 
 いきがさけた なべのしたガリガリ。

 
正月二日の夢挿絵:かわさき えり
 

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

吉四六さんの鴨捕り(きっちょむさんのかもとり)

吉四六さんの鴨捕り(きっちょむさんのかもとり)

吉四六(きっちょむ)さんが、あるとき、大きな瓢箪(ひょうたん)のくびれたところに長い縄(なわ)をくくりつけ、鴨(かも)のおりる池にやって来た。縄の端…

この昔話を聴く

狐の恩返し(きつねのおんがえし)

狐の恩返し(きつねのおんがえし)

昔、あるところにおっ母さんと息子とが暮らしていた。おっ母さんはなが患いの病人で、息子はまだまだ子供だったと。

この昔話を聴く

現在654話掲載中!