かりとったのはだれ
『刈り盗ったのは誰』

― 新潟県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 とんと昔があったけど。
 ある日、ネズミとイタチが道で出会(でお)うたと。ネズミが、
 「イタチどん、イタチどん、おら粟(あわ)の穂(ほ)三穂(さんぼ)持っている。一緒(いっしょ)に種蒔(たねま)きしねか」
と言うたら、イタチが、
 「そりゃ、いいども。育(おが)ったらどうする」
と聞いたと。

 「ふたりで半分(はんぶん)コだ」
 「なら、する」
と話がまとまり、河原(かわら)に寄(よ)り合い畑(ばた)を耕(たがや)して粟の穂三穂の種を蒔いたと。
刈り盗ったのは誰挿絵:かわさき えり


 イタチは蒔いた種が鳥(とり)に啄(ついば)まれないように見張(みは)りをした。
 芽(め)が出たら、日照(ひで)りと雨降(あめふ)りが気になり、茎(くき)が伸(の)びると草むしりや虫取りもした。
 ネズミにも面倒見(めんどうみ)を頼(たの)んだら、いつも途中(とちゅう)で、
 「頭痛(いたく)くなった」「腹ぁ病(や)んできた」
と言うて、帰ってしまう。

 夏の終(お)わり頃(ころ)に穂が出たら、穂は日毎(ひごと)に太(ふと)く長くなったと。

 
 イタチが、
 「これなら、粟がたくさん獲(と)れそうだ」
と言うたら、ネズミは、
 「おれは、この形(かたち)嫌(きら)いだな。でっこいネコジャラシみたいで」
と言うた。
 秋も中が過(す)ぎた頃、穂は黄色くなり、実(み)の重(おも)さで垂(た)れ下がった。イタチは、
 「明日か明後日(あさって)が刈(かり)り獲る頃合いだ。いやぁ楽しみだなぁ」
と言うて、待ちきれん風だ。


 次の日、イタチが畑に行ったら、たわわに稔(みの)っていた黄色い粟の穂が全部、だれかに刈り盗(と)られてしまっていた。畑にはネズミの足跡(あしあと)がたくさん残(のこ)ってあった。
 魂消(たまげ)たイタチはネズミの所へ行った。
 「ネズミどん、ネズミどん。おらたちの粟の穂、全部だれかが刈ってしもうたど」
 「そら、おおごとだ、おらが昨日(きのう)の夜中(よなか)に見廻(みまわ)ったときには、何ともなかったぞ。よし、おらも見に行く」
 ふたりして粟畑へ行ったと。


 ほしたらそこへ、カラスがガァガァ飛んで来た。イタチが、
 「カラスどん、カラスどん。この畑に粟コ三穂蒔いて稔ったが、お前(め)さま刈らねか」
と訊(き)いたら、カラスは、
 「他人(ひと)のもんを何だとて。ガァガァ」
と怒(おこ)って、どこかへ飛んで行ったと。
 次にトンビがピーヤラ、ピーヤラと飛んで来た。
 「トンビどん、トンビどん。この畑に粟コ三穂蒔いて稔ったが、お前さま刈らねか」
と訊いたら、トンビは、
 「他人(ひと)のもんを何だとて。ピーンヤラ、ピーンヤラ」
と怒って、どこかへ飛んで行ったと。


 次にハトがポーポーと飛んで来た。
 「ハトどん、ハトどん。この畑に粟コ三穂蒔いて稔ったが、お前さま刈らねか」
と訊いたら、ハトは、
 「他人(ひと)のもんを何だとて。ポッ、ポッ」
と怒って、どこかへ飛んで行ったと。
 次にスズメがチュン、チュン飛んで来た。
 「スズメどん、スズメどん。この畑に粟コ三穂蒔いて稔ったが、お前さま刈らねか」
と訊いたら、スズメは、
 「他人(ひと)のもんを何だとて。チュン、チュン」
と怒って、どこかへ飛んで行ったと。
 ほしたらそこへ、ネズミの子っコがチョロチョロと出て来て、
 「とと、とと、夕(ゆん)べのような粟餅(あわもち)、また食いたいチュー」
と言うた。


 これを聞いたイタチは、
 「お前が刈ったんかぁ、このぉ、このぉ」
と怒って、ネズミに噛(か)みつき、呑(のみ)み下したと。
刈り盗ったのは誰挿絵:かわさき えり

  いきがポーンとさけた ドッピン。

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

一畚山(ひともっこやま)

一畚山(ひともっこやま)

むかしむかしの大昔、上野(こうずけ)の国(くに)、今の群馬県に、大っきな、大っきな天狗が棲(す)んでおったそうな。こいつがたいくつすると、山奥から大…

この昔話を聴く

仏も悋気にゃ勝てん(ほとけもりんきにゃかてん)

仏も悋気にゃ勝てん(ほとけもりんきにゃかてん)

むかし、あるところに欲深でそのうえ嫉妬(しっと)深い婆さんがおったと。村の人達はみんな仏さんを拝(おが)んでいたが、この婆さんだけは信心(しんじん)のしの字もなかったと。

この昔話を聴く

現在663話掲載中!