ひとけしぐさ
『人消し草』

― 大分県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。
 あるところに、爺さまと婆さまが住んでおった。爺さまが隣村へ用たしに行った帰り、山道を歩いていると、むこうから一人の旅人がやってきた。
 そうしたら、突然道のわきから、ザザザッ―と大きな蛇(へび)が現われて、あっという間にその旅人を飲み込んでしもうた。
 爺さまは驚(おどろ)いた。
 『これが噂(うわさ)の人喰(ひとく)い蛇か。おとろしい、おとろしい』
 と思うて、木陰に隠れると、じっと様子を見ていた。
 人喰い蛇は、人を飲み込んだもんだから、腹をでっこうして、ウンウンうなって、もがいている。 

 挿絵:かわさき えり
 
 そのうちに、ノタリノタリと動き出して、道のそばにはえている草をムシャムシャ食べ始めた。すると、蛇の腹がだんだんちいそうなっていく。やがて、元の通りの腹になると、気持ちよさそうに、スルスルとやまの奥へ入って行った。 

 しばらくして、爺さまは、もう蛇はおらんだろうと、さっき蛇が食べていた草を見に行った。それは、今までに見たこともない、青々とした草だった。
 『これを食えば、腹の中のものはみんなとけて、元の通りになるのか』
 と思うて、その草を根っこごと抜いて、家へ持って帰った。
 その晩、爺さまは人喰い蛇と不思議な草のことを、婆さまに話して、大好物のソバを沢山作らせた。爺さまは、ソバができ上ると、どんどんどんどんすすりこんだ。
 あんまり沢山食べるので、婆さまが心配をして、 

 「爺さま、いいかげんにせいよ」
というても、
 「心配いらん。いくら食べても、この草があるから大丈夫だ」
というて、いうことをきかん。とうとう、十人分のソバを一人で食べてしもうた。
 腹でっこうした爺さまは、青い草を取り出して、蛇と同じようにムシャムシャ食べ始めた。そうしたら、急に寝むくなってきたので、爺さまは、そのまま布団(ふとん)にもぐり込むと、ぐっすり寝こんでしもうた。 

 次の日、日が高くなっても、爺さまは起きてこない。それで婆さまが、
 「爺さま、もう起きろや」
というて、布団をめくると、爺さまの着物だけがあった。
 『おかしいなぁー』
 と、着物をとってみたら、なんと、寝床の上には、ソバが山盛りになっていた。
 蛇が食べていた草は、”人消し草”というて、ひとの体をとかす草だったそうな。だから、人が食べれば、体がとけてしまうので、爺さまもとけてしまったというわけさ。

 もうし、もうし、米ん団子 

 挿絵:かわさき えり
 

大分県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

福間の又兵衛さん(ふくまのまたぜえさん)

福間の又兵衛さん(ふくまのまたぜえさん)

とんと昔のことたい。筑前(ちくぜん)の国、今の福岡県の福間の里(ふくまのさと)に花見(はなみ)という街道(かいどう)が一本通っておって、その道は、いつでもおさん狐が化(ば)けて出るところじゃったげな。

この昔話を聴く

七草(ななくさ)

七草(ななくさ)

正月七日には七草粥(ななくさがゆ)を食べるもんだけド。むかし、ある人が、なんだかみんな年取っていくのが不思議で、どうしてだべて考えだれば、夜、枕神(…

この昔話を聴く

現在615話掲載中!