きっちょむさんのかもとり
『吉四六さんの鴨捕り』

― 大分県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 吉四六(きっちょむ)さんが、あるとき、大きな瓢箪(ひょうたん)のくびれたところに長い縄(なわ)をくくりつけ、鴨(かも)のおりる池にやって来た。
 縄の端(はし)に石を結(ゆわ)えつけて池のまん中に投げ込むと、石(いし)は沈(しず)み、瓢箪だけがぽかりと浮んだ。
 吉四六さんは池に入り、縄につかまって鼻だけ水の上に出していたと。
 しばらくすると、鴨が池に舞(ま)いおりた。泳(およ)ぎ回(まわ)っていた鴨の一羽が、ひょいと瓢箪の上へ飛び上(あが)って、ブルブルッと体(からだ)をふるわせた。
 瓢箪の下にひそむ吉四六さん、手をニュッと出して鴨を掴(つか)まえ、下に垂らした縄(なわ)にくくりつけた。 

 挿絵:かわさき えり
 他(ほか)の鴨はちいっとも気がつかない。
 また一羽が近寄ってきて、瓢箪に止まった。
 吉四六さんは、また、手を出してその鴨を掴み、下に垂らした縄にくくりつけた。
 他の鴨はちいっとも気がつかない。
 また一羽が近寄ってきて、瓢箪に止まった。
 こうして吉四六さん、十五、六羽も鴨を捕(と)って、重いのもなんのその、ひっかついで、いきようよう帰ったと。 

 また別の日、吉四六さんは、長い糸の先の釣針(つりばり)にタニシをつけて池にやってきた。で、そのタニシをつけた釣糸(つりいと)を池のほとりに置いて、物陰(ものかげ)に隠(かく)れて見ていたと。
 しばらくすると、鴨が五、六羽舞い降(お)りた。
 そのうちの一羽がタニシを見つけて呑み込んだと。が、こなれが悪くて、元(もと)のままのタニシの糞(ふん)をたれた。
 次の鴨がそのタニシを見つけて丸呑(まるの)みにしたと。その鴨もこなれないままのタニシの糞をたれた。
 また次の鴨がそのタニシを見つけて丸呑みにし、タニシのままの糞をたれたと。
 こんなふうに次々とタニシを丸呑みにしては糞をたれるので、一本の糸が鴨の口(くち)から尻(しり)へ、尻から口へと、ひとつづきにつながったと。
 吉四六さん、頃合(ころあい)よしと、糸の端(はし)を引っ張ったら、造作(ぞうさ)もなく全部の鴨を捕(と)ることが出来たと。
 重(おも)いのもなんのその、ひっかついで、いきようよう帰(かえ)ったと。 

 またまた別(べつ)の日(ひ)、吉四六さんは、他人(ひと)から借(か)りた鉄砲(てっぽう)をかついで池(いけ)にやってきた。
 池には鴨がいっぱい浮んでいる。
 吉四六さん、撃とうと鉄砲をかまえた。
 鴨は気がついていない。

挿絵:かわさき えり
 

 さあ、どうしようか、このあと、
 はなそうか、はなさないか、
 ええっ?
 はなせってか、なら、
 パーン。
 鴨は、
 飛んで逃げたげな。

 もしもし米(こめ)ん団子(だんご)、早(は)う食(く)わな冷(ひ)ゆるど。 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

一つ目狸(ひとつめだぬき)

一つ目狸(ひとつめだぬき)

むかし、むかし。和歌山県白浜町の富田川河口から大字袋を越えて行く途中の坂に、一匹の変わった狸がおったと。目ン玉が一つで、それを大きく見開いては人を驚かす狸であったと。

この昔話を聴く

仁王様の稲一荷(におうさまのいねいっか)

仁王様の稲一荷(におうさまのいねいっか)

昔、あったてんがの、あるところに大層強欲(たいそうごうよく)な庄屋(しょうや)があったと。若い衆(しゅう)をさんざんにこき使って、年取(としと)り前…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!