ばっちょがさ
『大分県の笠地蔵・ばっちょ笠』

― 大分県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、
 あるところに、爺(じい)さんと婆(ばあ)さんが住んでおったと。
 家が貧乏(びんぼう)で、年取りの夜(よ)さになっても、一粒(ひとつぶ)の米がなかったと。爺さんが、
 「婆さん、もう年取りの夜さじゃが、どんげして年をとろかい」
というたら、婆さんが、
 「爺さん、雨の時かぶる“ばっちょ笠(がさ)”があったがよ。あれを町へ売りに行ったら」
と、いうた。
 そこで爺さんはばっちょ笠を六つ持って、町へ出かけたと。

大分県の笠地蔵・ばっちょ笠挿絵:かわさき えり
 「ばっちょ笠はいらんかえ」
 「ばっちょ笠はいらんかえ」

 爺さんは、声を張(は)り上げて、売り歩いた。
 が、年の暮れに、ばっちょ笠を買うような家はなかった。ひとつも売れなかったと。
 だいたいばっちょ笠は夏のもので、寒い冬の師走(しわす)に買うものではないのだと。
 爺さんが、とぼらとぼら村へ帰りよったら途中で雨が落ちはじめた。

 村の入り口の辻(つじ)まで来たら、雨はザアザア降(ふ)ってきたと。
 「ありゃりゃ、六地蔵(ろくじぞう)さんが雨にぬれちょる。もぞなぎいが(かわいそうに)」
 爺さんは、そういって、売れなかったばっちょ笠を、ひとつ、ひとつ、六地蔵さんの頭にのせてやったと。

 「ばあさん、いまじゃった」
 爺さんが家に入ると、婆さんが、
 「ばっちょ笠は売れたかいね」
と聞いた。
 「なあに、今頃ばっちょ笠どん買う者(もん)がおろか。戻(もど)りに、六地蔵さんが雨にぬれちょったので、みんなかぶせてくれたが」
 「そうかい、そうかい。爺さん、それはよいことをしてくだされた」
 婆さん、気落(きお)ちするかと思いきや、喜んでくれたと。
 その晩はからいもを焼いて食べ、寝(ね)たと。

 そしたら夜中になって家の外で、
 「ホーイ、ホーイ。
 じいどん、じいどん。
 地蔵の笠賃(かさちん)持ってきた。
 地蔵の笠賃持ってきた。」
と、誰(だれ)かがおらんでいる声がする。
 「爺さん、おもてで、なんか声がする」
 婆さんと爺さんが耳を立てていると、おもての戸が、がらがらと開(あ)いて
 「じいどん、じいどん。
 地蔵の笠賃じゃ
 地蔵の笠賃じゃ」
といいながら
 じゃらじゃらじゃら
 じゃらじゃらじゃら
 いわして、金ぴかの小判を投げ込んだと。

 「婆さん、婆さん、六地蔵さんが笠賃じゃげな」
 爺さんと婆さんは、手をとりあって、楽しく年取りの夜さを越(こ)したと。
 正直にゃ徳(とく)があるげな。徳は得じゃげな。

 もしもし米ん団子、早う食わな冷ゆるど。

大分県の笠地蔵・ばっちょ笠挿絵:かわさき えり

大分県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

女の子と鬼のお面(おんなのことおにのおめん)

女の子と鬼のお面(おんなのことおにのおめん)

とんとん昔があったげな。あるところに九つ(ここのつ)になる女の子とお婆(ばあ)さんと二人おったげな。その女の子のお父さんやお母さんは亡(な)くなって…

この昔話を聴く

大師講団子(たいしこうだんご)

大師講団子(たいしこうだんご)

むかし、あるところに一人の貧乏な婆さが暮らしておったと。ある冬の寒い晩に、婆さが囲炉裏端(いろりばた)で針仕事をしていたら、戸口をだれかが、ホトホト…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!