『壺算用』

― 大分県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、吉四六(きっちょむ)さんが梅干(うめぼし)を入れる壷(つぼ)と水瓶(みずがめ)を買おうと、瀬戸物屋(せとものや)へ行ったそうな。
 「ごめんなっし、壷をひとつおくれなぁ」
 「へい、店先に並べてござんすから、見ちくだんし」
 店先の壷を見ると、みんな底を上にして伏せて並べてある。
 「こりゃあどうじゃ、どいつもこいつも、口のねえ壷ばかりじゃねえか。これじゃあ梅干を入れようたって、入れられねえや」
 ひとつ手にとって、ひょいとひっくり返して、ますますおどろいた。
 「ありゃまあ、人をばかにするにもほどがある。この壷は口がねえばかりか、こら、底が抜けちょる」 

 
 壷はあきらめて水瓶を見ると、小さいのと大きい水瓶とがあった。値段を聞いたら十文(じゅうもん)と二十文(にじゅうもん)だと言う。
 吉四六さんは小さい十文のを買って帰ったと。

壺算用挿絵:かわさき えり
 

 
 そしたら女房(にょうぼう)に、
 「こげなこんまい水瓶じゃあ用を為(な)さん。要(い)らんき、まっと大っきいのを買(こ)うち来な」
といわれた。
 また、てくてく歩いて店に行った吉四六さん、店の小僧さんに小さい水瓶を渡して、
 「前に十文あげたなあ」
 「へい」
 「今また十文の水瓶をあげたきい、この二十文の大っきい水瓶をもろうちょくなあ」
 「へえ? ……へえ……??」
 こう言うと吉四六さん、大っきい水瓶をかついで、とっとこ、とっとこ帰って行ったと。
 その後ろ姿を見送りながら、店の小僧さん、しきりに首を傾(かし)げておったと。
 「へえ… まいど… ありい…」

 もしもし米ん団子、早う食わな冷(ひ)ゆるど。 

 壺算用挿絵:かわさき えり
 

大分県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

正月神様(しょうがつかみさま)

正月神様(しょうがつかみさま)

むかし、あるところに爺さと婆さがおって正月神様がおかえりになる日に雨がドシャドシャ降ったと。爺さと婆さがお茶をのみながら、「この雨はやみそうにもない…

この昔話を聴く

山伏と狐(やまぶしときつね)

山伏と狐(やまぶしときつね)

昔、あるところに茅部野(かやべの)というところがあってな、そこは狐(きつね)がよう出るところで、度々人がだまされて、道を迷(まよ)うて難儀(なんぎ)…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!