きんのおの ぎんのおの
『金の斧 銀の斧』

― 大分県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、正直な木樵(きこり)がおって、毎日、山の中で木を伐(き)って暮らしておったそうな。
 ある日、池の側の森で木を伐っていたら、あんまり力を入れてふりあげたので、つい手がすべって、斧(おの)が池の中へ落ちてしまったそうな。
 「あやぁ、ひとつしかない大事な斧を落としてしもたぁ」
 池は、まんまん水がたまり、底が深くて潜(もぐ)ることも出来んそうな。
 「あれが無くては仕事が出来ん。どしたらええか」
 池をのぞいて、ほとほと困っておったと。

金の斧 銀の斧挿絵:かわさき えり
 そしたら、池の水がゴボゴボと渦(うず)巻いて、中から、真っ白いひげのお爺(じい)さんが出て来て、
 「何を考えこんでおる」
と、たずねるのだと。
 「は、はい、たったひとつの斧を落としてしまい、困っております」
 ひげの爺さんが何者か考えもつかんで、聞かれるままに答えたそうな。

 「もう少しで、わしに当たるところじゃった。悪気(わるぎ)があってやったのではなさそうじゃから、拾って来てやろう」
 ひげの爺さんは、そう言って、水の中へ沈んで行き、間もなく、金の斧を持って出て来たそうな。そして、
 「お前の落としたのは、これか」
と聞くのだと。
 「いえいえ、おらのはそんな立派なんじゃない」
と、木樵が答えると、爺さんはまた水の中に沈んで行って、今度は銀の斧を持って来たそうな。
 「それでは、お前の落としたのは、これか」
 「いえいえ、おらのはそんな立派な斧じゃありません。ただの鉄の斧です」
 お爺さんは、また水の中に沈んで行くと、今度は、鉄の斧を持って出て来たそうな。

 「それでは、これか」
 「は、はい。おらの落としたのはその斧です」
 木樵は、何度もお礼を言って受け取ったと。
 すると、ひげのお爺さんは、つくづく木樵をみて、
 「お前は、本当に正直者だ。ほうびに、金の斧も、銀の斧もお前にやろう」
 そう言って、二つとも木樵にくれたそうな。
 木樵は、無くした斧を拾ってもらった上に、立派な金銀の斧までもらったので嬉しくてたまらない。黙っていられなくて、つい、隣の欲深爺(よくふかじい)に、このことを話してしまったと。
 すると欲深爺は、ひとつ、わしももらって来よう、と、森に出掛けて行き、わざと斧を池の中に落としたと。

 話に聞いていたとおりの、ひげのお爺さんが水の中から出て来て、「拾ってやろう」と水の中に沈み、間もなく、美しい金の斧を持って出て来たと。
 「お前の落としたのは、これか」
と聞かれると、欲深爺は、とびつくように、
 「うん、それだ」
と答えた。
 すると、真っ白いひげのお爺さんは、
 「お前のようなうそつきには、落とした斧もやらん」
と言って、そのまま水の中に沈んで、呼んでも叫んでも、もう、出て来てはくれなかったそうな。

  おしまい、ちゃんちゃん。

金の斧 銀の斧挿絵:かわさき えり

大分県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

豆腐と油揚げとおから(とうふとあぶらあげとおから)

豆腐と油揚げとおから(とうふとあぶらあげとおから)

むかしあったと。ある日、豆腐屋(とうふや)の主人(しゅじん)が用事で家を留守(るす)にしたと。そこで豆腐と油揚げ(あぶらあげ)とおからが、「親方(お…

この昔話を聴く

金塊と砥石(きんかいとといし)

金塊と砥石(きんかいとといし)

むかし、むかし。ある村に少しおめでたい息子がおったと。息子の家は、砥石(といし)を山から切り出して商(あきな)っていたと。息子は家の手伝いはおろか、…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!