ばばらぶーとおっきゃらきゃー
『ババラブーとオッキャラキャー』

― 大分県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、豊後(ぶんご)の国、今の大分県(おおいたけん)大野郡野津市(おおのぐんのづいち)に、吉四六(きっちょむ)さんという面白(おもしろ)い男がおった。
 頓智働(とんちばたら)きでは、誰一人かなう者がないほどだったと。
 ある日、吉四六さんが浜辺を通りかかると、大勢の人達が集まって騒(さわ)いでおったと。
 「わしゃぁ長いこと漁師(りょうし)をやっちょるが、こげな魚は見たこともねえ」
 「そうじゃのう。昔にもこげな魚があがったち話は聞いたこともねえなあ」
 何でも、見慣れない魚が網にかかったそうな。
 「こりゃ面白そうだ。ちと、からこうちゃろ」

※大野郡野津町野津市:現在は、臼杵市野津町大字野津市

 持ち前のいたずら心をおこした吉四六さん、漁師達をかき分けた。
 「珍しい魚ちゅんで覗(のぞ)いて見たら、何の事はねぇ。こりゃぁ、ババラブーじゃねぇか。おめえたち漁師じゃろうが、こん魚の名も知らんたぁ、あきれたもんじゃ」
 漁師達は目をまんまるにして名前を訊(き)いた。
 「わしゃ、吉四六じゃ」
 吉四六さん、胸の内で舌をペロッと出してその場を離れたと。
ババラブーとオッキャラキャー挿絵:かわさき えり

 さて、それから一ヶ月も経(た)った頃、吉四六さんは突然殿様(とのさま)から呼び出しを受けた。
 「はて、何じゃろ」
 恐る恐る出向くと、殿様は、すっかり干(ひ)からびて干物(ひもの)になった例の魚を家来に持って来させた。
 「これ、吉四六。その方(ほう)この魚の名前を知っておるとのことじゃが、一体何と申す魚か」
 さぁ困った。何せ一ヶ月も前のこととて、あの場で何と言ったかまるっきり覚えていない。
 「は、は、はあっ、申し上げます。ええ、その魚は、オッキャラキャーと申しまする」
 吉四六さん、事もあろうに、殿様の前でまたまた口から出まかせを言った。
 「この痴(し)れ者め!その方、さきごろ、この魚をババラブーと申したと言うではないか。余(よ)を愚弄(ぐろう)するとは何事ぞ。その分には捨ておかぬ、そこへなおれ」
 殿様、刀をとってにらみつけた。が、そこは頓智の吉四六さん。少しもあわてず、

ババラブーとオッキャラキャー挿絵:かわさき えり
  「これはしたり。おそれながら申し上げます。生のイカも干せばスルメと申します。生のババラブーが干物になってオッキャラキャーと申しましても、何の不思議がありましょうか」
と言って胸をぐいっと張ったそうな。
 さすがの殿様も、これには「ぐっ」とつまって、二の句がつげなかったと。

  もしもし米ん団子、早う食わな冷ゆるど。

大分県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

猿の恩返し(さるのおんがえし)

猿の恩返し(さるのおんがえし)

むかし、あるところに正直(しょうじき)な爺(じ)さと婆(ば)さがあったと。あるとき、爺さが山で柴刈(しばか)りをしていたら、仔猿(こざる)が一匹、木…

この昔話を聴く

ネズミのすもう(ねずみのすもう)

ネズミのすもう(ねずみのすもう)

むかし、あるところに貧(まず)しい爺(じい)さと婆(ばあ)さがおったと。ある時、爺さは山へ芝刈(しばか)りに行くと木のかげから、何やらヨイショヨイシ…

この昔話を聴く

現在615話掲載中!