もものこたろう
『桃の子太郎』

― 岡山県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしあるところに爺さんと婆さんがおってな、爺さんは山へ柴刈りに、婆さんは川へ洗濯に行ったそうな。
 婆さんが洗濯をしていると、川上から大きな桃が、プックリコウ、スッコッコウと流れてきた。婆さんがそれを拾って食べてみたら、うまかった。それで川上に向って、
 「もう一(ひと)つ流れよ、爺さんにあげよう。もう一つ流れよ、爺さんにあげよう」
というと、赤い大きな桃が、また流れてきたそうな。
 婆さんは、ひしゃくでひょいとすくうて持って帰ると、戸棚」(とだな)にしまっておいた。
 晩方になって、爺さんが、山から柴を背負(せお)って戻った。

 「爺さんな、今日、川から、うんまい桃を拾うて来たよって、お食べぇ」
 婆さんが桃を出して切ろうとしたら、桃がぽかっと二つに割れて、中から男の子が、「ホホヤア、ホホヤア」と出てきたと。
 爺さんと婆さん、びっくりして、
 「あいややぁ、こらァ大事(おおごと)だぁ」
 ってんで、湯を沸(わ)して産湯(うぶゆ)をつかったり、産着(うぶぎ)を着せたり、大騒ぎ。


桃の子太郎挿絵:かわさき えり

 「家には子供がなかったのに、思いもかけず子を授かって嬉(うれ)しいことじゃあ。桃から生まれたから、名前を桃太郎にしょうかいの」
 って、桃太郎と名付けたと。
 爺さんと婆さんは二人して、粥(かゆ)をすすらせたり、魚のすり身を食べさせたりして育てた。
 桃太郎は、一杯食べさせれば一杯だけ、二杯食べさせれば二杯だけ、大きくなって、やがて、山仕事も出来るくらい力持ちの子供に育ったと。が、何にもせんで、いつもイロリ端でごろんと寝てばかり。
 あるとき、近所の子ぉが、
 「桃太郎、桃太郎、山へ木を伐(か)りに行こう」
と誘(さそ)いに来たら、
 「今日は縄(なわ)をなわにゃならん」
と言うて、行かん。
 爺さんと婆さんが、縄をなってくれるのかと喜んでいると、桃太郎はなんにもしないで、ごろんと横になったまんま。
 あくる日は、
 「今日は、背な当てを作らにゃならん」
 その次の日は、

 「わらじのひげをむしらにゃならん」
と言うて、動こうとせん。
 爺さんと婆さんが、何ちゅう横着者(おうちゃくもん)かと思っていると、四日目にやっと連れだって山へ行ったそうな。
 ところが、桃太郎は昼寝ばっかりして、弁当食べる時起きただけ。
 晩方になって、一緒に行った子ぉが、
 「もう帰ろうや」
と言うたら、「ワ-」と大あくびをして起きあがり、大っきな木の根っ子へ小便たれると、その木をガボッと引き抜いて、かついで戻った。
 「ばあちゃん、もどったよ」
と声がするから出てみたら、置き場所も無い位の大木(たいぼく)だ。
 「どこへ置こうか、庭さきへ置こうか」
 「庭さきに置きゃぁ、庭がふさがる」
 「軒(のき)に立てかけようか」
 「軒に立てりゃあ、軒が砕(くだ)ける」
 仕方ないから、谷川へポイと投げると、地響(じひび)きがして、山がゴオッと鳴ったと。

 夜中になって、殿様の遣(つか)いがやって来た。
 「ありゃ、何の音か見て来い」
とのおおせだそうな。
 お城へ戻った使いから、桃太郎が大木を引き抜いて谷へ投げた音だと聞いた殿様は、ひざをポンとたたいて、
 「そんなに力持ちなら、桃太郎を鬼が島へ鬼退治(おにたいじ)にやろう」
と命(めい)じたと。 爺さんと婆さんは、そんならまあ、日本一のきび団子をこしらえちゃろう、と臼(うす)をゴ-リン、ゴ-リン挽(ひ)いて、大きなきび団子を三つ、こしらえてやった。
 桃太郎は、それを腰(こし)に結びつけて勇(いさ)んで出掛けた。

 いくがいくがいくと、犬が出て来て、
 「桃太郎さん、桃太郎さん、どこ行きなさりゃ?」
 「鬼が島へ鬼退治に行く」
 「腰につけているのは、何ですりゃ」
 「こりゃあ、日本一のきび団子」
 「そんなら一つおくれな。お供(とも)するから」
 「一つはだめだ。半分やる」
 犬は、きび団子を半分もらってついて行ったそうな。今度は猿(さる)が来て、
 「桃太郎さん、桃太郎さん、どこ行きなさりゃ」
 「鬼が島へ鬼退治に行く」
 「腰につけているのは、何だすりゃ」
 「こりゃあ、日本一のきび団子」
 「そんなら一つおくれな。お供するから」
 「一つはだめだ、半分やる」
 猿もきび団子をもらってついて行ったら、今度はきじが出て来た。
 そこで、きじにもきび団子を半分やって、
 桃太郎は、犬、猿、きじを連れて行ったそうな。

 鬼が島へ着いてみたら、鬼は、大きな門(もん)をピシャンと閉めて入らせん。
 すると、きじが、パァ-と飛んで門を越え、内から門を開けた。
 「それ行けぇ」
と、どおっと入って行った。
 鬼は、
 「何の、桃太郎が何だ」
と、ばかにしてかかって来たが、何しろ、こちらの四人は日本一のきび団子を食べているので千人力(せんにんりき)。
 鬼を、片っぱしからやっつけるそうな。
 犬は鬼の足にかみつくし、猿はひっかく、きじは顔やら目やらをつっついて、とうとう鬼を負かしてしまった。
 鬼の大将(たいしょう)は、
 「どうぞ、命ばかりは助けてくりょ。ここにある宝物を全部あげますけぇ」
と、降参(こうさん)したと。
 桃太郎は、宝物を荷車(にぐるま)に積んで、犬と猿ときじと、みんなで押したり曳(ひ)いたりして戻ったそうな。

 桃太郎は殿様にほめられ、いっぱい褒美(ほうび)をいただいて、爺さんと婆さんに一生安楽させたそうな。

 どっとはらい。

桃の子太郎挿絵:かわさき えり

岡山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

山神と孝行息子(やまがみとこうこうむすこ)

山神と孝行息子(やまがみとこうこうむすこ)

むかしむかし、あるところにおっ母さんと息子とが居てあったと。息子は山で薪(たきぎ)を伐(き)っては町方へ売りに行き、親子二人その日その日を暮していたと。

この昔話を聴く

河童徳利(かっぱどっくり)

河童徳利(かっぱどっくり)

むかしむかし、相模の国(さがみのくに)、今の神奈川県(かながわけん)茅ケ崎市(ちがさきし)の西久保(にしくぼ)というところに、五郎兵衛爺(ごろべえじ…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!