さんにんなき
『三人泣き』

― 岡山県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところにばあさんが住んでおったそうな。ばあさんには息子(むすこ)が一人おって、遠くの街へ奉公(ほうこう)に行っておったと。ばあさんは朝と夕方には必ずおてんとう様に手をあわせて、
 「どうぞ、あの子が今日一日無事ですごせますように」
 「どうぞあの子が今日一日無事ですごせましたように」
と拝(おが)んでおったと。

 ある日、息子から手紙が届(とど)いたそうな。ばあさんは誰(だれ)かに読んでもらおうと、道で人の通るのを待っていたら、侍(さむらい)が通りかかった。

三人泣き挿絵:かわさき えり
 「もし、お侍様。足をお止めして申し訳ねぇけども、この手紙をおらに読んで下さらんか」
 侍はばあさんにそでをつかまれて、しぶしぶ手紙を受け取って開いてみた。

 「何と書いてあるだや」
 が、侍はじいっと手紙を見ているだけ。
 「ん、ん、じらさんとはよ読んで下され」
とさいそくすると、何と、侍が、
 「おお」
とほえて泣きだした。びっくりしたばあさん、
 「お侍様、どがあな事が書いてありますや。もしやせがれに変った事でもありましたんか。どがぁな事がありましょうともこしをぬかしたりはせんから早う教えて下され」
と言ったが、侍はただただ泣き続けるだけだと。そのありさまにばあさんはこりゃあきっと息子が大ケガをしたか死んだか、どちらかに違(ちが)いないと思って、一緒になって泣きだした。
 二人して泣いていたら、そこへほうろく売りがやって来た。ほうろく売りは二人が泣いているのを見て荷物(にもつ)をおろして、これまた一緒になってわあわあと泣きだした。

 三人が声を出しておいおいわあわあ泣いているので、道行く旅人たちが次々足を止めて人がきが出来たと。
 そのうちある人が、泣いているほうろく売りに尋(たず)ねたと。
 「なんで泣いとるや」
 そしたらほうろく売りが、
 「わしゃ去年(きょねん)のせっきに、金をこしらえようとほうろく売りに出たら、ころんだ拍子(ひょうし)にほうろくをみなわってしまって、泣くに泣かれぬ日をすごして来た。あきないの元をこしらえるのに忙(いそが)しくて、泣く間がなかったから今日までのばしていたら、ここで二人が泣いているのを見てこらえがきかなくなった。それで泣いているんだ」
と言う。

 「おばあさんはどうして泣いとるや」
と尋ねると、
 「おらは息子が手紙をくれたんで、このお侍様に読んでもらっているんだが、何も言わずにただ泣くから、きっと息子に変った事があったのじゃろう思うて、かわいそうでたまらんから泣いている」
と言う。
 「そんならお侍様は」
と尋ねると、侍は、
 「せっしゃは、おはずかしい話だが幼(おさな)い時少しも本を読まなかったので、この手紙が読めない。それを後悔(こうかい)しているのだ」
 こう言うたと。

 昔こっぷりどじょうの目。

三人泣き挿絵:かわさき えり

岡山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

栃眼(とちまなぐ)

栃眼(とちまなぐ)

むかし、むかし、あるところに貧乏(びんぼう)な正直男(しょうじきおとこ)があった。働き者で、働いて働いて働いたけど、いつまで経(た)っても、暮らし向…

この昔話を聴く

侍狸(さむらいだぬき)

侍狸(さむらいだぬき)

昔、愛媛の西宇和郡三崎町(にしうわぐんみさきちょう)というところに藤吉(とうきち)という猟師(りょうし)がおったげな。ある日、山へ行きよると、狸の穴…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!