たまごはしろなす
『卵は白茄子』

― 岡山県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるお寺に和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんとがあった。
 和尚さんは食べることが大好きで、小僧さんに隠(かく)れては何(なん)ぞ口に入れとったと。
 ある日、和尚さんが卵をゆでて食べようとしていたら、そこへ小僧さんが檀家(だんか)さんを案内して入って来た。
 和尚さん、あわててゆで卵を後手(うしろで)に隠したが、見つかったと。小僧さん、
 「和尚さん、そりゃ何ですいゃぁ」
と聞いたら、

卵は白茄子挿絵:かわさき えり

 「う、うん、これか、こりゃ白茄子(しろなす)じゃ」
と言うた。

 小僧さん、
 「へえ、白茄子ですかいやぁ」
と言うたら、そこへ鶏(にわとり)が、
 「ほっけぼうず、こけこーろ」
と啼(な)いた。小僧さん、檀家さん、顔を見合わせ、ニコッとすると、
 「和尚さん、和尚さん、今、ほっけぼうずこけこーろと、白茄子の親が啼きました」
と言うた。
 和尚さん、檀家さんの前で往生(おうじょう)したと。

  むかしこっぽり。

卵は白茄子挿絵:かわさき えり

岡山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

桑原桑原桑原(くわばら くわばら くわばら)

桑原桑原桑原(くわばら くわばら くわばら)

むかし、むかし、あったと。ある春先(はるさき)のうららかな日。縁側(えんがわ)で婆(ばあ)が爺(じい)の足の爪(つめ)を切ってやり、そばでは猫が大(…

この昔話を聴く

せなかの赤いかに(せなかのあかいかに)

せなかの赤いかに(せなかのあかいかに)

むかし、相模(さがみ)の国久根崎村、今の神奈川県川崎市に立派な寺があったと。山門を入ると右側に池があり、その向こうにどっしりしたかねつき堂があった。

この昔話を聴く

現在628話掲載中!