たまごはしろなす
『卵は白茄子』

― 岡山県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるお寺に和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんとがあった。
 和尚さんは食べることが大好きで、小僧さんに隠(かく)れては何(なん)ぞ口に入れとったと。
 ある日、和尚さんが卵をゆでて食べようとしていたら、そこへ小僧さんが檀家(だんか)さんを案内して入って来た。

 和尚さん、あわててゆで卵を後手(うしろで)に隠したが、見つかったと。小僧さん、
 「和尚さん、そりゃ何ですいゃぁ」
と聞いたら、
 「う、うん、これか、こりゃ白茄子(しろなす)じゃ」
と言うた。

卵は白茄子挿絵:かわさき えり

 小僧さん、
 「へえ、白茄子ですかいやぁ」
と言うたら、そこへ鶏(にわとり)が、
 「ほっけぼうず、こけこーろ」
と啼(な)いた。小僧さん、檀家さん、顔を見合わせ、ニコッとすると、
 「和尚さん、和尚さん、今、ほっけぼうずこけこーろと、白茄子の親が啼きました」
と言うた。
 和尚さん、檀家さんの前で往生(おうじょう)したと。


  むかしこっぽり。

卵は白茄子挿絵:かわさき えり

岡山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

蜘蛛女(くもおんな)

蜘蛛女(くもおんな)

昔あるどごろに、小間物(こまもの)の行商(あきない)している男がいであったど。ある在郷(ざいごう)を行商して歩(あり)いている内(うち)に、道に迷っ…

この昔話を聴く

三人泣き(さんにんなき)

三人泣き(さんにんなき)

昔、あるところにばあさんが住んでおったそうな。ばあさんには息子(むすこ)が一人おって、遠くの街へ奉公(ほうこう)に行っておったと。ばあさんは朝と夕方…

この昔話を聴く

現在674話掲載中!