いばらきどうじ
『茨木童子』

― 大阪府 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、千年ほども遠い昔、摂津(せっつ)の国(くに)茨木(いばらき)の里の百姓家に、一人の男の子が生まれた。
 ところがこの子、父も母も普通の体(からだ)なのに、三つの子供と同じ位大きくて、毛は肩までのび、歯まで生えそろっていたから、親はもちろん誰もがびっくらしよった。
 母はお産の無理がたたって間(ま)もなく息絶えてしもうた。
 子供はぐんぐん大きゅうなって、十日も経たんうちに、もう歩き出しよった。と思ったら、駆(か)けだし、目をギラギラさせて棒を持って振り回しよるのや。 

 挿絵:かわさき えり
 
 力があっても加減(かげん)を知らん。隣近所(となりきんじょ)の子供達は腕(うで)を折るは、足を折るは。
 父は怪我(けが)した子の家をあやまり歩くたんびに、
 「ありゃぁ化け者(もん)じゃ」「鬼の子じゃぁ」
 言われて、つくづく考えた。 

 「えらいこっちゃ。これじゃあと二、三年もしたらどんなことになるか。こんな逞(たくま)しいなら山の奥へ置いて来ても一人で生きて行けるかも知れん」
 そう思うて、あるとき、子供の手を引いて山へ連れて行った。
 その山は、摂津の北から、奥は丹波(たんば)に続いている老(おい)ノ坂(さか)山脈(さんみゃく)の真ん中あたりで、栗の木がたくさんあった。
 「ほうら、あっち見てみい、大けぇ栗が山いっぱい生(な)っとるやろ。うまい丹波栗や。好きなだけとってええ」 

 子供が夢中でとっているうちに、父はそっと逃げ出し、帰ってしまいよった。
 遠い山奥にひとり残されてしもうた子供は、さすがに泣いたりわめいたりしとったが、どもならん。帰る道もわからん。腹も減ってくる。栗や木の実、草の根を食って、夜は古木(ふるぎ)の洞(うろ)に入って寝とったが、そのうち、石を投げて兎(うさぎ)や雉(きじ)をとって食うて、生きることを覚えた。
 

 そんなにして生きながら、子供はたったひとりでやまの尾根(おね)を、東へ東へと伝(つた)わって行きよった。東の方には茨木の里がある。
 そんなある日、池に映(うつ)る自分の姿を見てギクッとしょった。鬼そっくりなんや。
 「ええっ、わしは鬼になってしもうたんか。そんな子が帰ったら、お父(と)ったんどんなに困りよるやろ」
 もう帰らないことにきめて、また、けものを獲(と)って過(すご)しているうちに、いつしか三〇年が過ぎた。
 一方、村では、今はすっかり年をとった父は病気になっとった。寝たっきりで何時(いつ)死ぬかわからん身になって思うのは、丹波の山へ捨てた子供のことばかり。 

 そんなある晩、戸をドンドン、ドンドンと叩(たた)いて、ガラリと開けて入って来たものがいる。
 鬼のような大男やった。伏(ふ)せっとった父は目をまん丸うして見とったが、やがて、その目から大粒の涙がポロポロ落ちよった。
 大男は、父の額(ひたい)の濡(ぬ)れ手拭(てぬぐ)いを取り替える、湯を沸かして身体をふいてやる、あれこれ看病(かんびょう)しよった。父は安心して死んでいった。
 大男は、あとのことを近所の人達に頼(たの)み、立ち去ろうとした。すると近所の人達が、
 「んじゃ、お前があのときの子やったんか、今はどこに住んどる」
と聞きよると、こう言いよった。 

 「わいは、このごろ京の都の東寺(とうじ)の羅生門(らしょうもん)に住んどります。誰もが羅生門の鬼と言うて怖(こわ)がっとるのは、わいのこったす」
 「あとをよろしゅう頼(たの)んまっす」
 そう言い、大頭をペコペコ下げて、闇(やみ)の中へ姿を消してしまったと。 

 挿絵:かわさき えり
 
 

大阪府
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

一休さんと殿さま(いっきゅうさんととのさま)

一休さんと殿さま(いっきゅうさんととのさま)

一休和尚さんは、小僧さんのころからとても頓智(とんち)にたけたおひとだった。まだほんの小僧さんなのに、大人(おとな)のけんかを頓智でまるくおさめたり…

この昔話を聴く

金噴き明神(かねふきみょうじん)

金噴き明神(かねふきみょうじん)

なんの昔があったげな。あるところに長者の家があったげな。父親が死んでから、母親と二人の兄弟が暮らしとったが、兄は欲張りで、自分以外の者が御飯を食べる…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!