かえるいし
『蛙石』

― 大阪府 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに蛙(かえる)によく似た形をした大きな石があったと。
 村の年寄(としよ)りたちは、子供たちに、
 「あの蛙石(かえるいし)な、こわいぞ。口をあいて、ぱっくり食われてしまうからな。ゆめ、そばに行ったらいかん」
と、いつもいいきかせていたと。
 近在の人間は大人も子供も、誰もこの蛙石には近寄らないようにしていたと。
 しかし、何年かごとに必ず度胸試(どきょうだめ)しをしようとする悪ガキがいてあぶないのだと。
 ある年のこと、ガキ大将(だいしょう)が子分たちに、
 

 挿絵:かわさき えり
 「あんなもんただの石だ。跳(と)びはねるわけじゃない。誰か素速(すばや)くさわって来い」と、命令した。そしたら、
 「おら 行かん」
 「おらも」
 「あたいも」
 いうて、みんな尻ごみをした。
 

 「大将の言うことが聞けんのか」
 「だ、だども、食われたくないもん」
 「近寄ったらいかんて、父(とう)ちゃんが言うていた」
 「婆(ばあ)ちゃんが言うていた」
 「大将の爺(じい)ちゃんも言うていた」
という。

 本当はガキ大将もこわい。で、蛙石をにらんどったら、そこへスズメが飛んできて、蛙石の上にとまった。
 蛙石は大きな口をパクッと開けて、スズメをひと呑(の)みにした。
 子供たちは、「わ―っ」と先を争って逃げたと。
 こうしてまたしばらくは蛙石に近寄る者はいなくなるのだが、そんなこととは知らないスズメだのシジュウカラだのの小鳥たちは、それからも羽根休めにこの蛙石の上に止(と)まっていたと。
 すると蛙石は、やっぱり大きな口を開けて、パクッと呑み込んでしまう。
 ある日、ひとりのお百姓(ひゃくしょう)さんが畑仕事をしながら、その数を数えていると、日が暮れるまでに、なんと三十羽もの小鳥を食ってしまったと。
 

 「一日三十羽なら、一(ひと)月で九百羽だ。一年では、う―んと、やあ、一万八百羽にもなる。こりゃ、えらいことだ。わしの村に小鳥がいないようになってしまうわい。どうでも蛙石の口が開かないようにせにゃ」
 その晩、お百姓さんは蛙石が眠った頃合(ころあい)に蛙石の口のまわりを強い縄(なわ)でぐるぐる巻きにしばったと。
 「やれやれ、蛙石め、これでもう口を開けられまい」
と、ひと安心したと。

挿絵:かわさき えり

 次の朝、お百姓さんが畑に出て蛙石の様子(ようす)を見ていると、スズメが三羽蛙石の上へ止まった。
 「蛙石めが、もう食いとうても食われまい」
と、ゆかいがっていた。
 そしたらなんと。苦もなく縄がぶつんと切れて、大きな口が開いて、パクッと、スズメを呑み込んでしまった。
 お百姓さん、腰抜(こしぬ)かすほど魂消(たまげ)たと。
 「すごい力だ。あの蛙石はまっこと殺生石(せっしょうせき)だ。孫の代まで近寄らせまいぞ」
 いうて、鍬(くわ)をかついでとんで帰ったと。
 蛙石は他(ほか)にもあるが、どれが殺生石かわからんから、ゆめ、近寄ってはならんぞ。

 けっちりこ。 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

怠け神(なまけがみ)

怠け神(なまけがみ)

むかし、あるところに大変な怠(なま)け者(もの)がおったと。自分の食う物をとるのさえ億劫(おっくう)なくらいで毎日寝てばかりの暮らしだったと。屋根は…

この昔話を聴く

一夜の菜種(いちやのなたね)

一夜の菜種(いちやのなたね)

むかし、あるときのこつ、嵐が来よって、大雨が滝(たき)のように降りよったげな。ごんごん降って一向におとろえん。「それ遠賀川に水が来よるぞ」「きつい荒…

この昔話を聴く

現在585話掲載中!