さるのしりはまっかっか
『猿の尻は真赤っか』

― 佐賀県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんとが暮(く)らしてあった。
 爺さんは毎日山の畑のウネ打ちに行っておったと。
 ある日のこと、爺さんが畑のウネを打っていたら、畑の縁(へり)にあった石に猿(さる)が腰掛(こしか)けて、爺さんの悪口言うたと。
 「爺の打つウネは、左にギッコンショ 右にヨーリヨリ」
 これ聞いた爺さん、
 「こん畜生(ちくしょう)」
と言うて追(ぼ)っかけたと。が、いっこうにつかまらん。爺さん息あがって、フェッフェッしたと。
 その日はそのまま帰って、また次の日も畑のウネ打ちしたと。そしたら、昨日の猿が来て、縁の石に腰掛けて、

猿の尻は真赤っか挿絵:かわさき えり
 「爺の打つウネは、左にギッコンショ 右にヨーリヨリ」
と、また悪口言うた。
 これ聞いた爺さん、
 「こん畜生」
と言うて追っかけたと。が、いっこうにつかまらん。爺さん息あがって、フェッフェッしたと。

 この日は爺さん、ブーブー言うて帰って、婆さんに話をした。そしたら婆さん、
 「そうかい、そりゃくちおしゅうございますね。そんならいっちょ、その石にモチをべったり塗(ぬ)りつけといてやったらどうでしょうね」
と言うたと。爺さん、ハタと膝(ひざ)打って、
 「そんなら婆さん、モチを作ってくれ」
と言うた。
 婆さん、朝も早(はよ)うからモチを作ったと。
 爺さん、そのモチを持って山の畑へ行き、縁の石の上へ、べったり塗りつけたと。
 知らんふりして畑のウネを打っていたら、猿が来て石の上へ腰掛けた。して、
 「爺の打つウネは、左にギッコンショ 右にヨーリヨリ」
と、いつものように爺の悪口言うた。
 これを聞いた爺さん、
 「こん畜生」
と言うて追っかけた。

 猿は、余裕(よゆう)で逃(に)げようとしたら、なんとなんと、尻がモチにべったりひっついて逃げられん。あわてて手をついたら、手もひっついた。
 とうとう爺さんにひっつかまってしまったと。
 家に持って帰って婆さんに、
 「婆さん、婆さん、この猿は味噌汁にすればうまかろうな。味噌汁こさえといてくれな」
と言うて、猿を土間(どま)の壁(かべ)の鍵(かぎ)にひっかけて、また畑へ行ったと。
 家では婆さん、米ン団子(こめんだんご)を作ろうと、ドッコイショ、ドッコイショと米を搗(つ)きはじめた。
 そしたら猿が、
 「婆さん、婆さん、お前あ、腰曲がってるからきつかろう。俺(おれ)が搗いてくれるから、この縄(なわ)、ほどいてくれな」
と言うた。婆さん喜んで、すぐに縄をほどいてやったと。

 そしたら猿は婆さんの頭を、
 「婆の頭は一杵(ひときね)打っちゃあコツリン、二杵打っちゃあコツリン」
と言うて、婆さんの頭粉々(こなごな)に搗いた。そして、その粉を味噌と煮(に)た。
 猿が婆さんに化(ば)けて待っていたら、晩方(ばんかた)になって爺さんが帰ってきた。
 「猿の味噌煮、うもう出来とります。食べますか」
と言うて、爺さんにどっさり食わしたと。
 「うまかった」
と言うて、爺さんな、つまようじ取ろうと戸棚(とだな)の中を見たら、なんと頭の無い婆さんの体が出て来たと。
 爺さん、おこって、
 「こーん畜生、畜生のくせに婆さん殺して俺に食わした。こん畜生」
と言うて猿を追っかけた。猿は木に登って逃げようとした。爺さん下から鋏(はさみ)で「チョッキン」と猿の尻を切ったと。
 猿の尻は、それから真赤っかになったと。

  そいばっきゃ。

猿の尻は真赤っか挿絵:かわさき えり





佐賀県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

田之久(たのきゅう)

田之久(たのきゅう)

むかし、あるところに、たいへん親思いの田之久という若者が、おっ母(か)さんと二人っきりで暮らしておったと。田之久は、なかなか芝居がうまかったそうな。

この昔話を聴く

吉四六さん山を移す(きっちょむさんやまをうつす)

吉四六さん山を移す(きっちょむさんやまをうつす)

昔、豊後の国、今の大体験臼杵市野津町大字野津市というところに、吉四六さんという面白い男がおった。頓智働きでは誰ひとりかなう者が無いほどだったと。

この昔話を聴く

現在611話掲載中!