かっこうどりのゆらい
『郭公鳥の由来』

― 埼玉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところにおっ母(か)さんと息子とが暮らしてあった。
 息子は親不幸者であったと。
 春になったので、おっ母さんが田んぼの代掻(しろかき)に行くぞ、といえば、息子は、
 「俺ァ今日はいそがしい」
というて、川へ春魚(はるざかな)獲(と)りに行き、
 五月(さつき)になったので、おっ母さんが田植えに行くぞ、といえば、息子は、
 「俺ァ今日はいそがしい」
というて、山へ行って春鳥(はるどり)追(ぼ)っかけ、日がな一日遊んで、ちいっともおっ母さんを助けないのだと。

郭公鳥の由来挿絵:かわさき えり
 おっ母さん、ひと仕事も、ふた仕事も終えて、ほうと息ついたら、背中がかゆうてかゆうてたまらんようになった。息子に、
 「背中掻(か)いてくれ、かゆ、かゆ、あーかゆい」
と言うて背中向けたら、息子は、
 「俺ァ今、手がはなせない」
というて、野兎を獲る仕掛を作っているのだと。

 おっ母さんは仕方なく、庭の松の木の瘤(こぶ)のところへ行って、背中をこすりつけたと。
 そしたら背中が破れて、それがもとで死んでしもうた。
 息子は、おっ母さんが死んではじめて、
 「あのとき俺が掻いてやっていたら、おっ母さんの背中も破れなかったし、死にもしなかったなあ」
というて、親不孝を悔(く)いたと。
 それで、
 「掻いたげたらよかった。今なら掻こう。かっこう、かっこー」
というとったら、神様がその有り様(ありさま)をよーくご覧になっていて、息子を郭公鳥にしてしまわれた。
 それで息子は、今でも、カッコー、カッコーと鳴いているのだと。
 また、親のありがたさがわからんやつは、親の楽しみもわからんようにしてやる、と言われて、郭公鳥には自分で巣を作って子を育て上げることを禁じられたと。
 それで郭公鳥は、百舌鳥(もずどり)の巣にばかり卵を産んで、百舌鳥に我が子を育ててもらうんだと。

 郭公鳥の足の片一方にだけ脚絆(きゃはん)履(は)いたような羽毛(はねげ)が生えているのは、山遊びするとて足に脚絆を巻きつけているとき、おっ母さんに怒られて、片脚(かたあし)だけ巻いたところで逃げ出した名残り(なごり)なんだと。

 チャンチャン。 郭公鳥の由来挿絵:かわさき えり

埼玉県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

狐の嫁入りと爺ンちゃ(きつねのよめいりとじんちゃ)

狐の嫁入りと爺ンちゃ(きつねのよめいりとじんちゃ)

むかし、福島県の浜通(はまどう)りにある村に、ひとりの爺(じ)ンちゃが住んであった。お正月も近くなったある日、町へ買い物へ出かけたと。その戻り道(み…

この昔話を聴く

五月節句の笹巻き飯(ごがつせっくのささまきまんま)

五月節句の笹巻き飯(ごがつせっくのささまきまんま)

とんと昔、あるところにオドとカカがおったと。初児(はつご)子のお産が始まって、カカがウンウン唸(うな)っているそばで、オドは気ぃもめて気ぃもめてなら…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!