さるのいちもんせん
『猿の一文銭』

― 埼玉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある山の中に爺と婆が住んでおったと。
 爺と婆は、山の畑で豆だの大根だの野菜を作り、それを町へ売りに行って暮らしておったと。
 あるとき、爺が、大根をショイコにくくりつけ、それを背負って山道を下っていると、ふもと近くの道脇から、
 「逃がすな」
 「ほら、そっちへ行った」
 「こんどは、そっちだ。つかまえろ」
 「このお」
 「それぇ」
と、子供たちの騒ぎ立てる声にまじって、獣(けもの)のキーキーという鳴き声が聞こえて来た。
 何事かと、その方へ行ってみると、一匹の子猿をとりまいて子供たちがいじめているところだったと。
 

 近間(ちかま)の木の上では、母猿が木の枝にぶらさがって、枝をゆらして、不安そうに泣きわめいている。
 「かわいそうに、母猿が泣きよるじゃないか。乱ぼうすんなや。そうじゃ、そん猿を俺に売っちぇくれ」
 爺が大根売りの釣り銭用にもっていた小銭を子供たちに渡すと、子供たちは、
 「行こ」
 「行こ」
と言うて、くもの子を散らすように山をかけ下りて行ったと。
 「おお、こんなにおびえて、よしよし、もう大丈夫だぞ、さあ、早よう母さんのところへ行け」
 爺が、そっと子猿をはなしてやると、子猿は母猿のいる木にするすると登っていった。そして母猿にすがりついて、親子でキ―キ―鳴いたと。
 爺がその様(さま)を見ていると、母猿と子猿は、爺の方を振り返り振り返り森の中に姿を消したと。爺は、
 「えがった、えがった」
というて、町へ大根を売りに行ったと。
 

 猿の一文銭挿絵:かわさき えり
 次の日の朝、家の戸をトントン、トントンと叩く者があった。爺が、
 「誰かいな、入ってこいや」
というて、声をかけると、土間に入って来たのは昨日の母猿であったと。そして、
 「爺、昨日は子猿を助けてもろうちぇ、ありがとうござんした。これから猿の仲間んところへ案内して、ごちそうをし申すから、ぜひに一緒に来てくれ申さんか」
というのだと。 爺は、
 「これは、これは、わざわざおおきになぁ。そいじゃ、遠慮なく呼ばれるとしようか」
というて、母猿のあとからついて行ったと。
 

 山の中を、いくがいくがいくと、間もなく、木々の枝々に、たくさんの猿たちが止まっているところに出たと。
 その猿たちが皆々(みなみな)木から下りて来て、爺にお礼を言うたと。
 猿たちは、爺を上座(かみざ)に坐らせると、柿だの梨だの、栗だの、猿酒(さるざけ)だの、次から次へとごちそうを出して、もてなしたと。
 爺はいい気持ちで酔(よ)っぱらい、唄まで歌って楽しんだと。 「今日のもてなし、ありがたかった」
 いうて、さて、帰ろうとすると、母猿が、
 「爺、これを土産にあげ申すから、家に帰ったら、大きな箱の中に入れて置き申せ」
と、穴の開いた一文銭を小枝に差してくれたと。
 

 家に戻った爺が、猿からもらった一文銭を婆に見せると、婆は、
 「昔から、猿の一文銭いうて、大(たい)したごりやくがあると話にゃ聞いてはおるがのう、はて爺さんや、どんなごりやくがあるんじゃろ」といいながら、大きな箱を持って来たと。
 爺と婆は、猿の一文銭をその箱にしまってその晩は寝たと。
 そしたら、その夜、一晩じゅう、箱の中で
 ちゃりんくゎらん、ちゃりんくゎらん
 ぐわっさん ぐわっさん
 と箱が鳴ったと。

 次の朝、爺と婆が箱を開けてみると、なんと、一文銭が何百、何千、山もりにふえておったと。
 「はあ、猿の一文銭とはこういうものであったか」
といいあって、驚ろくやら喜ぶやら。
 

 爺と婆は、猿の一文銭のおかげで、一生安楽にくらしたと。

 おしまい ちゃんちゃん

猿の一文銭挿絵:かわさき えり

  

埼玉県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

田植え地蔵(たうえじぞう)

田植え地蔵(たうえじぞう)

むかし、あるところに貧乏な男がいてあったと。働き者で朝は朝星(あさぼし)のころから夜は夜星をながめるまで身を粉にして働いたと。畑や田圃(たんぼ)への…

この昔話を聴く

屁一つで村中全滅(へひとつでむらじゅうぜんめつ)

屁一つで村中全滅(へひとつでむらじゅうぜんめつ)

昔、ある村に屁っぴりの娘がおったそうな。あんまりひっきりなしに屁をこくので、めったに外へ出ることはなかったと。「この娘(こ)は、一生嫁に行けないので…

この昔話を聴く

現在589話掲載中!