たうえじぞう
『田植え地蔵』

― 埼玉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに貧乏な男がいてあったと。働き者で朝は朝星(あさぼし)のころから夜は夜星をながめるまで身を粉にして働いたと。
 畑や田圃(たんぼ)への行き帰りには、辻(つじ)に立っていらっしゃる石地蔵(いしじぞう)さまに手を合わせ、
 「地蔵さま、行ってきますじゃ」
 「地蔵さま、帰ってきましたじゃ。今日はこんだけ働きましたじゃ」
と、あいさつやら報告やらしておったと。
 

 挿絵:かわさき えり
 
 ある年のこと、この男の一家、皆してはやり病にかかって寝こんだと。
 ちょうど田植えの時季(じき)で、毎日毎日寝ているばかり。そのうち村内(むらうち)では大方(おおかた)植えあげるというのに、まだ起きあがれない。気がもめてならないが、どうすることも出来ずに皆して臥せっていたと。
 

 ある朝、村の一人が田の水かげんを見て回っていたら、みな寝ているはずの男の家の田圃が、きれいに植え上げられてあった。村人が、
 「はて、あん家はまだ皆して寝ているはず。人をやとって田植えするほどの金は持っとらんじゃろうし、いったいどうして植え上げたか」
と、あやしんで、よくよく見ると、畔(あぜ)には小さな足跡がいっぱいついてある。不審に思うて、その足跡をたどって行ったら、村内の地蔵堂(じぞうどう)に続いていて、辻に立っていらっしゃる石地蔵さまが手足を泥だらけにしてござらっしゃった。
 話はそんだけ。

 おしまいチャンチャン。 

 挿絵:かわさき えり

 

埼玉県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

蛸の脚七本(たこのあしななほん)

蛸の脚七本(たこのあしななほん)

むかし、海べの村に、ひとりの婆さんが住んであった。婆さんは毎日浜へ出ては貝(かい)などを採(と)り、それを売って暮らしていたと。ある日のこと、婆さん…

この昔話を聴く

蛙報恩(かえるほうおん)

蛙報恩(かえるほうおん)

昔、あるところに庄屋があった。庄屋には年頃の美しいひとり娘があったと。あるとき、庄屋の妻が畑へ出ていると、一匹の小んまい蛇がにょろにょろと出て来て、蛙を呑もうとした。

この昔話を聴く

現在606話掲載中!