うみのひろさ
『海のひろさ』

― 埼玉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、一日に千里(せんり)遠くへ飛べる鳥があったと。
 あるとき、この鳥が海辺の木に止まって、
 「海の岸づたいなら遠くへ飛んだことはあるけれど、海の向こうへは飛んだことがないなあ。どれくらい広いのか、いっぺん行ってみるか」
と言うて、海の向こうへ飛んで行ったと。
 最初の日、飛んで飛んで飛んでいたら、日が暮れた。下を見たら、うまい具合に枯木(かれき)があった。
 「丁度(ちょうど)いい、あれで休もう」
と言うて、枯木に止まって羽休め(はねやすめ)した。 

 挿絵:かわさき えり
 
 夜が明けて、また飛んだと。
 飛んで飛んで飛んでいたら日が暮れた。下を見たら、うまい具合に、また枯れ木があった。
 「丁度いい、あれで休もう」
と言うて、枯れ木に止まって羽休めした。 

 そしたら、海の中で海老(えび)が、
 「鳥のやつめ、昨日は俺の右のヒゲに止まったが、今夜は左のヒゲに止まっとるわい」
と言うて笑い、鳥が眠っている間(ま)にこっそり廻れ右をしたと。
 そうとは知らない鳥は、夜が明けたらまだ飛んで、日が暮れたら丁度うまい具合にある枯木に止まり、
 (本当は、海老の、今度は右のヒゲなんだけどね)
 次の朝飛んだら、日暮れ頃になって、ようやく岸に着いた。そこは鳥が最初に飛びたった所だった。鳥は、
 「海の向こうをぐるっとまわってきたわけだ。三泊四日で地球をひとまわり出来た」
と言うて喜んだと。
 それを聴いた海老は、
 「アハ、馬鹿(ばか)な鳥。途中(とちゅう)から引き返したのをまだ気づいとらん」
と言うて笑うた。 

 そして、
 「しかし何だ。海がどんくらい広いのか俺も知らんなあ。いっぺん行ってみるか」
と言うて、ピョンピョンはねて行ったと。
 はねてはねてはねて行ったら、日が暮れた。うまい具合に岩穴(いわあな)があったので中に入って泊(と)まったと。
 夜が明けたので、またピョンピョンはねて行ったら、日が暮れた。またうまい具合に岩穴があったので、中に入って泊まったと。
 そしたら、海の中で亀(かめ)が、
 「海老のやつめ、昨日は俺の右の鼻の穴に泊まったが、今夜は左の鼻の穴に泊まっとるわい」
というて鼻で笑うた。
 そのひょうしに海老のヒゲがゆれて、亀、大っきなクシャミをした。海老は飛ばされて、あっというまに元の所へ戻ったと。
 寝ぼけまなこで目が覚めた海老は、
 「ありゃ、いつの間にか元の所へ着いとる。してみると、海は二泊三日の広さか」
と言うた。 

 それを聴いた亀は、
 「アハ、馬鹿な海老。俺のクシャミで飛ばされて戻ったのを、まだ気づいとらん」
と言うて笑うた。そして、
 「しかし何だ、海がどんくらい広いのか、俺も知らんなあ。いっぺん行ってみるか」
と言うて、出発場所を決めに砂浜へ這(は)いあがったと。
 ゴソリゴソリ這っていたら、漁師(りょうし)の子供が遊びに来て、その亀、ひょいと拾うて家に帰ったと。

 おしまい チャンチャン。 

 挿絵:かわさき えり
 

埼玉県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

とっ付こうか ひっ付こうか(とっつこうか ひっつこうか)

とっ付こうか ひっ付こうか(とっつこうか ひっつこうか)

むかし、あるところにお爺(じい)さんとお婆(ばあ)さんが住んでおったそうな。あるとき、お爺さんは、山へ木を樵(き)りに行った。日暮れになってもカキン…

この昔話を聴く

米出し人形(こめだしにんぎょう)

米出し人形(こめだしにんぎょう)

むかしあったんだと。ある村に、婆さと働き者の兄さが住んでいたと。兄さは木こりで、毎日山へ行って木を伐(き)っていたと。ある時、兄さが木を伐っていると…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!