どんぐりをかんだおと
『ドングリを噛んだ音』

― 埼玉県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしあったと。
 あるところに正直爺と欲深爺が隣あって暮らしてあったと。
 あるとき、正直爺が山へ薪(たきぎ)を拾いに行った。
 たくさん拾って束(たば)ねていたら、足元にドングリの実が落ちていたので、三粒拾った。
 束ねた薪を背負って、休み休み山を下りていたら日が暮れたと。
 「こりゃいかん。足元がよく見えん。今晩一晩、破れお堂に泊ったほうがよさそうだ」
 正直爺は、そろりそろり歩いて、ようやく山の古いお堂に着いた。
 「したども、夜中に誰が来んともかぎらん」
 正直爺は用心して天井裏に寝たと。 

 すると、真夜中頃になって、誰やらドガドガとお堂に入ってきた。
 眼がさめた正直爺は、そおっと天井の板をずらして下を覗(のぞ)いて、魂消(たまげ)た。
 なんと、鬼どもが車座(くるまざ)になって、これからバクチを打つふうだ。
 ある鬼が打出の小槌(うちでのこづち)を出すと、他の鬼たちが鉄棒で床板を打ち鳴らして、
 「黄金(こがね)でろ」
 「白銀(しろがね)でろ」
と言うた。黄金と白銀がザンバランとでた。
 鬼たちは「ウオー」「ウオー」言うて、それを分けている。どうやら、それがバクチの元金(もとがね)らしい。
 「見つかったらおおごとだぁ」
 正直爺は、おそろしくて歯がガチガチ鳴った。
 下に聞こえてはならんと、アゴをおさえたけど、ふるえは止まらん。ますますガチガチ鳴った。 

 なんとかせにゃあと思うて、山で拾うたドングリを噛(か)んでみた。そしたら、噛み砕けてカリッと鳴ったと。
 「何だ今の音は」
 「おお、たしかに聞こえた」
 鬼どもは、ギクリとして顔を見合わせている。

挿絵:かわさき えり

 「こりゃあいかん」
 正直爺は、あわててまたひとつ噛んだ。けど、またカリッと噛み砕けたと。歯の音鳴るなって強く噛んだら、今度は、ギリギリッて歯ぎしりがした。
 鬼どもはいよいよ驚(おどろ)いて、
 「こりゃあこの家(や)のつぶれる音だ」
 「こりゃいかん。逃げろ逃げろ」
と言うて、あわてて逃げて行ったと。
 夜が明けて、正直爺が天井裏から下りると、床には黄金だの白銀だのがいっぱい散らばってあった。みんなかき集めて、大喜びで家に帰ったと。
 婆さんと二人で持ち帰った銭を数えていたら、そこへ隣の欲深爺がやってきた。
 「や、やや、その銭どうしたや」
 「あ、ああ、これな、これは昨夜(ゆんべ)山のお堂に泊っていたら鬼どもが来てバクチを打つふうだ。あんまりおっそろしくて、拾ったドングリを噛んだら音がした。鬼どもがお堂がつぶれる音と勘違いして逃げてってな。あとに残っていた銭をもろうてきた」 

 「あやぁ、うまいことやったなぁ」
 隣の爺、うらやましくてならない。
 「わしももろうてくる」
と言うて、山の破れお堂へ行ったと。
 真夜中になって、鬼どもが集まって、また銭をだした。隣の爺は、
 「ははぁん、今鳴らせばいいんだな」
 って、ドングリをカリッと噛んだ。
 すると鬼どもは、
 「昨夜もあの音がした」
 「おうよ。けんど、この家はつぶれとらん」
 「やや、人間くさいぞ」
 「昨夜の銭盗んだのも、こいつだな」
と言うて、お堂の中を捜しまわったからたまらん。
 隣の欲深爺はすぐに見つかってしまったと。

 天井のネズミがチュウチュウ、どっぴん。 

 挿絵:かわさき えり

埼玉県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

継子ともぐら(ままこともぐら)

継子ともぐら(ままこともぐら)

むかしむかし、ある村に百姓家(ひゃくしょうや)があって、そこのお母ちゃんが継母(ままはは)であったと。田植えどきになったが雨の一粒(つぶ)も降らない…

この昔話を聴く

船幽霊(ふなゆうれい)

船幽霊(ふなゆうれい)

むかし、ある年のお盆の夜のこと。ある浜辺から、一隻(いっせき)の船が漁(りょう)に出掛けて行った。その晩は、風も静かで、空にも海にも星が輝き、まるで…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!