どろぼうぎつねとくまのおっぽ
『泥棒狐と熊の尾っぽ』

― 埼玉県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに悪知恵(わるぢえ)の働(はたら)く狐(きつね)がおったと。
 ある冬の寒(さむ)い日、狐(きつね)は腹(はら)を空(す)かせて、どこかに食べる物はないかと、探し探し川辺りまで来たと。
 そしたら、ひとりの年老いた漁師(りょうし)が川の氷に穴を開けて魚を釣(つ)っていた。
 「うまそうだなぁ」
と、なおも見ていると、漁師は釣った魚をソリに乗せて帰って行った。

 「よっし、あの魚を失敬(しっけい)してやろ」
 狐は漁師の先廻(さきまわ)りをして、雪道の上に倒れて、死んだふりをしていたと。漁師は、
 「あやぁ、狐の行き倒れだ。こりゃ拾い物だ。あとで皮をはぐべ」
といって、狐をソリに乗せ、また曳(ひ)いて行ったと。
 狐は、ソリを曳く漁師が後ろを振り返らないのを、これさいわいと、大っきい魚を一匹くわえてソリからおり、森の中へ逃げたと。
 
泥棒狐と熊の尾っぽ挿絵:かわさき えり

 森の中で、狐がうまそうに魚を食べていると、そこへ熊(くま)がやってきた。
 「狐どん、うまそうな魚だなぁ。どこで獲(と)ったんだ」
 「釣ったんさ」
 「おらも、そんなでっこい魚を獲りてぇ」
 「この道を行くと、川に出るべ。氷が張っているけど、円い穴があいてあるだ。お前の尾っぽをその中にたらして、魚がかみつくまで待っているだ。魚がかみついたとき尾っぽを引き上げれば、造作(ぞうさ)もねぇ」
 熊は、これを聞くと喜んで川へ行ったと。

 川には狐が言った穴があるにはあったが、うす氷が張って穴がふさがっていた。熊は掌(て)で氷をほじくり、また穴を開け、尾っぽをたらしたと。


  やがて、尾っぽがチクリとした。
 「これは小魚だな。おらが釣るのはでっこいのだ」
といって、なおもじいっとしていたら、今度は尾っぽの根元(ねもと)までずんと痛(いた)みがきた。
 「これこそでっこい魚だ」
 熊は尾っぽを引っ張った。が、尾っぽは持ち上がらない。
 「こりゃ、よっぽどでっこい魚だべ」
 わくわくして、ありったけの力で尾っぽを持ち上げた。
 そのとたん、ポキンと音がして、熊はもんどりをうって転がった。
 「いて、いて、痛ててぇ」
 いったい、どんなでっこい魚が釣れたかとキョロキョロした。が、魚は無(な)かった。

 熊は尻の痛さをこらえながらよおっく見ると、穴は氷でがっちりふさがって、そこには、凍(こお)って根元から折れた尾っぽが、ニョキッと立っておったと。

 熊の尾っぽが短くなったのは、昔にこんなことがあったからなんだそうな。
 
 おしまい ちゃんちゃん。

泥棒狐と熊の尾っぽ挿絵:かわさき えり

埼玉県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

松の木のお伊勢参り(まつのきのおいせまいり)

松の木のお伊勢参り(まつのきのおいせまいり)

むかし、ある村の八幡(はちまん)様のお宮(みや)に何百年も経った二本の松の木が並んで立っておったと。村の衆は、この松を夫婦松(みょうとまつ)と呼んで…

この昔話を聴く

尼裁判(あまさいばん)

尼裁判(あまさいばん)

むかし、あるところに親孝行の息子が年老いた父親と暮らしておったそうな。働き者の息子だったから、村の人がいい嫁を世話してくれたと。息子と嫁は、「お父っ…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!