かねかしほととぎす
『金貸しほととぎす』

― 滋賀県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。
 あるところにお寺があって、和尚さんが一人で住まっていたって。
 この和尚さん、お寺の本堂を建てたいと思っていたけどお金が無かったって。
 和尚さん、どうにかしてお金を集めたいと考えたけど、いい思案が浮かばなかった。

 縁側(えんがわ)に座って思案していたら、そこへ、ほととぎすが飛んできた。目の前の木の枝に止まって、

 〽 庖丁(ほうちょう)欠けたか、
    ほうちょうかけたか

 と啼(な)いた。和尚さん、
 「ほととぎすめ、わしが刃の欠けた庖丁使うてるのを知ってるんじゃろか」
というてなげいていたが、そのうち、ハタと気がついた。

滋賀の民話【金貸しほととぎす】挿絵1挿絵:かわさき えり

 「そうじゃ、おおい、そこのほととぎすどんやぁ。お前(め)は朝早うから働いてるから、お金がよっぽど貯まっとるじゃろうなぁ。
 わしゃ、本堂を建てたいと思うとるんじゃが、欠け庖丁を使うくらい貧乏(びんぼう)なのはお前も知っておろう。そこで相談じゃが、少し寄進(きしん)してくれんかのう」
 和尚さん、こう呼びかけたら、ほととぎすは、
 「調子いい」
と返事したと。
 「そんなら、貸してくれんかのう」
というたら、
 「ほんなら、六月まで貸してやろう」
というた。
 和尚さん、ほととぎすからお金を借りて本堂を建てたと。

 次の年の六月になった。けど、和尚さん相変わらず貧乏で、ほととぎすに返すお金が無いんだって。
 ほととぎすが飛んできて、縁側の前の木の枝に止まって、和尚さんを呼んだけど、和尚さん、ほととぎすにあわす顔が無くて、外に出られん。それで、今でもほととぎすは、

 〽 ホンドウタテタカー、本堂建てたかぁ
と啼いて、毎朝さいそくに来てるんだって。

 そうらいごんぼ。

滋賀の民話【金貸しほととぎす】挿絵2挿絵:かわさき えり

滋賀県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

見なきゃ良かった 聞かなきゃ良かった(みなきゃよかった きかなきゃよかった)

見なきゃ良かった 聞かなきゃ良かった(みなきゃよかった きかなきゃよかった)

むがすあったずもな。あるどごに旅人(たびびと)がいて、歩いでいだら日が暮れだ。「野宿はしたくねぇし、今夜一晩(ひとばん)泊めて呉(け)るどご無(ね)がなぁ」っで言って、なおも歩いでいだら、うまいごどに一軒家(いっけんや)があったど。

この昔話を聴く

天道さんの金の鎖(てんとうさんのかねのくさり)

天道さんの金の鎖(てんとうさんのかねのくさり)

むかし、むかし。あるところにおっ母さんと、太郎と次郎と三郎の三人の子供が暮らしておったと。あるとき、おっ母さんが山へ薪を拾いに行くと、山姥が出て来て、おっ母さんをベロッと食うてしもうた。

この昔話を聴く

現在675話掲載中!