さるかにひとりぽっち
『猿蟹ひとりぽっち』

― 島根県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔があったげな。ある山に猿(さる)がポツンとひとりでおったげな。海っ端(ぱた)にはカ二がポツンとひとりぽっちでおったげな。
 ある日猿はあんまりつまらなくって、海っ端に行って見ようと思って、山を下りて来たげな。
 そしたら、ちょうどいい格好(かっこう)の松の木があったので、それに登って枝に腰(こし)かけたげな。
 遠くはどこまでも広々しとるし、近くは波が岩に当ってアワが飛んどるし、いい気持じゃけえ、
 「海っ端いうものはええもんだ。風はブ-ブ-吹くなり、波はドンドと打つなり」
といったげな。
 

 挿絵:かわさき えり
 そしたら、下で、 「ふ-ん」
といって、応(こた)えるものがある。
 誰だろうと思って下をのぞいてみたけれど誰もおらんげな。
 「おかしいなあ、そら耳かなあ」
と、首をかしげて、また、
 「海っ端いうものはええもんだ。風はブ-ブ-吹くなり、波はドンドと打つなり」
といったげな。
 

 そしたら、また、下で、
 「ふ-ん」 といって、応えて来た。
 また下をのぞいて見たけれど、やっぱり誰もおらんげな。
 「おかしいなあ。たしかに返事がしたんだがなあ」
 猿は松の木から下りて、あっちうろうろ、こっちうろうろ探してみたら、石積(いしづ)みしてあるところがあった。
 上の石をちょこっと起こしてみたら、カ二が一匹おったげな。
 「はあ、おったぞ。こら、カ二カニ、返事したのはお前か」
と聞いたが、カニは何も言わずに石の間に逃げ込もうとしたげな。
 「なんだい、わしのことに返事なんぞして欲しくないわい」
 いうて、他の石を打ち下ろしてカニを潰(つぶ)してしもうたげな。 

 それから猿は、また、松の木に登って、さっきと同じように周囲(まわり)を見まわして、
 「海っ端いうものはええもんだ。風はブ-ブ-吹くなり、波はドンドと打つなり」
というたら、今度は、誰も返事するものは無(な)かったげな。
 耳をすましたら、風と波の音だけが聞えて来たげな。
 「何だかつまらんなあ」 猿は松の木から下りて、石の下で潰れたカニを団子(だんご)にして、
 「カニ、カニ、お前もひとりぽっちだったげな、すまねがった」
というて、元いた石の間に置いたげな。
 それから、また、松の枝に腰を下ろして、
 「海っ端いうものはええもんだ。風はブ-ブ-吹くなり、波はドンドと打つなり」
と言うたら、何と、
 「ふ-ん」
と、団子になったカニが返事したげな。 

 猿はええ気持がして、何度も何度もそうくり返しておったげな。晩方になって
 「やっぱり返事するものがなきゃあいけんなあ。明日(あした)も来るけん、また、返事してごせえよ」
 いいおいて帰ったげな。

 そえで こっぽし。

挿絵:かわさき えり
 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

七夕女房(たなばたにょうぼう)

七夕女房(たなばたにょうぼう)

むかし、ある村にひとりの狩人(かりゅうど)が住んでいたそうな。七月のある暑い日に、川のそばを通りかかると、三人の若い娘が水浴びをしていたと。「はて、…

この昔話を聴く

人消し草(ひとけしぐさ)

人消し草(ひとけしぐさ)

むかし、むかし。あるところに、爺さまと婆さまが住んでおった。爺さまが隣村へ用たしに行った帰り、山道を歩いていると、むこうから一人の旅人がやってきた。

この昔話を聴く

現在645話掲載中!