けんとうし
『犬頭絲』

― 島根県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに一人の娘が住んでおった。
 娘はお蚕(かいこ)さんを飼(か)って、糸を取って暮らしを立てていたと。
 ある年のこと。お蚕さんが思うように育たなかったと。沢山(たくさん)飼っていたのに、ひとつ死にふたつ死にして、とうとうたった一匹になったと。
 一匹ばかりではしょうがないと思ったが、娘は、残った一匹がむしょうに可愛いくなって、それを大切に大切に育てたと。
 そしたら、それがよく桑(くわ)の葉を食べ、日毎(ひごと)日毎に育って、今まで見たこともないほど大っきなお蚕さんになった。 

 挿絵:かわさき えり
 
 ある日、その大(おお)お蚕さんを表に出していたら、家に飼っている白犬がそれを呑み込んでしまった。
 娘がお蚕さんに桑の葉をやろうと、ちょっと目を離したすきの出来事で、止めるひまもなかった。
 娘は、たんせい込めた、たった一匹のお蚕さんを失って暮らしの張(は)りが無くなってしまった。来る日も来る日も泣いてばかりいたと。 

 そんなある日、白い犬がしきりにくしゃみをしている。娘が犬のそばへ行き、犬の鼻が乾(かわ)いていないかどうかみようとしたら、その鼻の両穴から白い糸が少し垂(た)れていた。まるで繭(まゆ)の糸のように見える。不思議に思って、糸のはしを引いてみたら、二筋(ふたすじ)ともどこまでも長く続いて出てきた。およそ四、五貫(かん)ほども巻きとったらようやく終(しま)いになって、そのとたんに、犬はパタッと倒れて死んでしまった。
 娘は、先にお蚕さんをみんな失(な)くし、今度は飼い犬を亡くして、泣いて泣いて泣き疲れてその場で寝てしまった。
 そしたら夢の中に飼い犬が現れて、
 「悲しまなくていい。わたしを裏の桑の木の下へ埋(う)めて下さい。そしたら来年、きっといいことがあります」
という。
 目を覚(さ)ました娘は、夢で告げられた通りに犬を家の裏の桑の木の下に埋めてやったと。
 翌年(よくとし)、桑の木の下から、お蚕さんが自然に生まれて、桑の葉にたくさんとりついていたと。 

 娘はたんせい込めて育てたので、やがて繭をつくり、よい糸がとれて、くらしに困らなくなったと。

 ぽっちり。

挿絵:かわさき えり
 
 

島根県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

エビの腰が曲がった訳(えびのこしがまがったわけ)

エビの腰が曲がった訳(えびのこしがまがったわけ)

むかし、むかし。あるところに大きな鳥があって、「我(われ)こそが世界で一番大きい」と、自慢(じまん)しておった。ある日、この大鳥は、「おれさまほどの…

この昔話を聴く

短いのかね 長いのかね(みじかいのかね ながいのかね)

短いのかね 長いのかね(みじかいのかね ながいのかね)

これは本当にあった話らしい。あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんとが暮らしていたんだな。ある夜、この家へ泥棒(どろぼう)が入ろうとして中の様子…

この昔話を聴く

現在589話掲載中!