これひこはち はよはなせ
『これ彦八、早よ話せ』

― 島根県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔あるところに彦八がおった。
 彦八の近所に禅寺(でら)があった。茶菓子をめあてに、彦八はいつも遊びにいっていた。行くたびに和尚さんは、
 「彦八、珍しい話はないか」といわれる。そこで彦八が話をすると、和尚さんは、
 「それは嘘ではないか」
というのがくせであったと。ある日も、
 「彦八、珍しい話はないか」
といわれたので、彦八、
 「和尚さんはいつでも『嘘ではないか』とおっしゃるので、今日は話さない」
というた。そしたら和尚さん、
 「いまからは決して『嘘ではないか』と言わぬ。いわぬから話せ。もしいうたら、わしの頭をなぐってもいい」
 

 といわれた。
 「そんなら、まあ、しましょうかい。今日、ここへ来る途ちゅうで珍しいものを見ました」
 「ほう、どんなだ」
 「寺の石段の下の茶店の爺(じい)に呼び止められまして、『いい茶釜が手に入ったので飲んで行け』とうれしそうに言われました」
 「ふむふむ」
 「ことわるのも何んじゃ思うて呼ばれて来たんですがの、爺が自慢するだけあって、それはうまい茶でした」
挿絵:かわさき えり
 

 「ほう、わしもあとで立寄ってみるか。して、茶釜は一体どんなだった」
 「はい、桐の木の茶釜で茶を沸かしよりました」
 彦八がこういうたら、和尚さん、思わず、
 「それでは茶釜が燃えるではないか。これ彦八、そりゃ嘘じゃろう」
といわれた。
 彦八、和尚さんの頭をポカリなぐったと。

 次の日、彦八は、また、寺に行った。
 そしたら和尚さん、
 「これ彦八、昨日のなぐられた頭がまんだ痛いわい」
 「そりゃあ、ええあんばいです。痛いうちは『そりゃ嘘じゃろう』とは言われませんじゃろうから」
 「ふむ、それもそうじゃ。今日は嘘じゃろうとはいわんから、何か珍らしい話はないか」
 「ないことはないですが、はたして終(しま)いまで話すことが出来ますかどうか」 

 「何んじゃ、どんな話じゃ。決して『嘘ではないか』と言わぬ。いわぬから、早よ話せ」
 「それでは。昨日和尚さんをなぐった帰りのことですがの」
 「ふむ」
 「和尚さんをなぐった当座は、気持がスカッとしとったんですがの、歩いているうちに何やら心が落ちつかなくなってきよりました」
 「ほう、そうじゃろう、そうじゃろう」
 「たたりがありはせんかいなあ思いまして、それで験(げん)なおしに村の鎮守さまを拝んでおこうて思案しまして、一本橋を渡りよった」
 「これ彦八、うーん、まぁよい、話せ」 

 「真中どころへさしかかったとき、橋がぐるりとまわり、この彦八、必死にぶらさがったげな。ぶらさがって、ぶらさがって」
 彦八、このあと、ぷっつりおしだまった。話さない。まだ話さない。
 「これ彦八、どうした。その先をはよ話せ」
 「いや、話さない」
 「話せ」
 「はなせば落ちる」

 昔こっぽり。 

 挿絵:かわさき えり
 
 

島根県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

雷の約束(かみなりのやくそく)

雷の約束(かみなりのやくそく)

雷(かみなり)が鳴(な)ると、夏から秋へと装(よそおい)も変わっていきますね。昔から各地に“雷が落ちない村”という所がありますが、その多くが「桑(く…

この昔話を聴く

河童岩(かっぱいわ)

河童岩(かっぱいわ)

むかし、ある川の中に一ぴきの河童が棲んでいたと。ある時、子供達が大勢集まって、川の中に白い小石を投げ込んでその小石を取りあいっこしては遊んでいた。す…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!