とんびふこう
『鳶不幸』

― 静岡県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、とんびの親子がおったそうな。
 子とんびはヘソ曲りの子であったと。
 親が、「山へ行け」と、言えば海へ行き、
 「海へ行け」と、言えば山へ行く。
 「今日の食べ物はおいしい」と、言えば「まずい」と、言って、いつもあべこべばかりしていたそうな。
 そのうち、親とんびが、重い病(やまい)にかかって死にそうになった。
 「はぁて、おらはもうじき死ぬ。死んだらば山に埋(う)めてもらいたいが、あの子は何でもあべこべにする子だからなあ」
 こう思った親とんびは、子とんびをそばに呼んで、
 「おらが死んだら、海へ投げこんでおくれ」 

 挿絵:かわさき えり
 と、ゆいごんして死んでいった。
 さて、死なれてみて、はじめて親のありがたさが分(わか)るようになった子とんびは、
 「ああ、おら、親が生きとるうちは、ぎゃくばかり言ってさんざんこまらせたなあ。せめて、最後のたのみだけはきいてやろう」
と、言って、言いつけどおり親を海へほうりこんだ。
 ところが、親が、年がら年中海で水びたしになっているかと思うと、かなしくてたまらない。
 子とんびは、泣き泣き暮らしているうちに、 

 「そうか、山の静かなところへ埋めて欲しかったんだ。きっとそうだ」
と、ようやく気がついた。
 「海が引いたら親を拾ってきて、今度は山へ埋めよう」
 そう思ってな。

 海の水早よ引け
 早よ引け
 うみん ひいよひょう
 うみん ひいよひょう

 と、鳴きながら、今でも親を慕(した)って捜しまわっているのだそうな。
 -鳶不幸解説-
 このトンビの子は君ににていませんか。たいていの大人は、かつて子供だったころ、親にさからった経験を持っています。
 だからこそ、いっそう印象ぶかく、全国各地で語られてきました。
 お話の主人公には、トンビの他に、雨蛙、山鳩などがなっている話もたくさんあり、いずれも天候の変化にかかわりがある話になっています。 

 それにしても、トンビのなき声を、「ウミンヒーヨヒョウ=海の水早よ引け」と、聞いた昔の人は、なんとすてきな詩人の耳を持っていたことだろう。そう思いませんか。

挿絵:かわさき えり


 

静岡県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

火焚き長者(ひたきちょうじゃ)

火焚き長者(ひたきちょうじゃ)

むかしむかし、あるところに貧乏な夫婦者(ふうふもん)がいたと。女房が、「明日(あした)はお正月さまござらっしゃるから、おらの作った笠(かさ)こば売っ…

この昔話を聴く

ドウモとコウモ

ドウモとコウモ

とんとむかしあったと。京都にドウモという素晴らしく腕のいい医者があった。一方、江戸にもコウモという、これまた素晴らしく腕のいい医者があった。二人は、 「わしこそ日本一の名医(めいい)だ」と言うて、ゆずらんかった。

この昔話を聴く

現在614話掲載中!