ひともっこやま
『一畚山』

― 静岡県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしむかしの大昔、上野(こうずけ)の国(くに)、今の群馬県に、大っきな、大っきな天狗が棲(す)んでおったそうな。
 こいつがたいくつすると、山奥から大ウチワをあおいで強い風を吹かせ、歩いている人を、コロッと転がせる。はたまた、長い腕をニューとのばしては、後から人をつまんで、はるか遠くの山ん中へ、ポトリと置いて来たりする。その度(たび)にふもとの者たちが
 「天狗に投げ飛ばされた」
 「いや、神隠しだ」
 いうて、大騒ぎ。
 その様子がおかしい言うて、大天狗が大笑いすると、山が、ゴォーと鳴って、森の木々がパキーン、パキーンと折れる。
 いや、もう、大変ないたずら好きだったと。 

 挿絵:かわさき えり
 ある日、天にいらっしゃる神様達が集(あつ)まって相談ごとをしたそうな。
 「近頃、あやつは、悪ふざけが過ぎるようじゃ」
 「そうじゃ、あやつめがやったことを、人間は、『神隠し』などと言うて、わしらのせいにしとる」
 「どうじゃろな、わしらが下界に下りよいように、高い山をひとつ造ってみまいか」
 「それがよかろ、その山の天辺(てっぺん)から、いつも四方を見渡して、いたずら天狗を取り締まろうかい」
ということにまとまったと。 

 そしたら、それを耳ざとく聞きつけた大天狗が、
 「おうい、そこに集まっている神達よう、わしと山造りの競争をすまいか。おれが勝ったら、お前達が造った山は壊(こわ)してしまうが、どうだ」
と、声をかけたと。
 「よかろう。じゃが、お前が負けたら、お前を人間なみの背丈(せたけ)に縮めて、そこから追い払ってしまうぞ」
 「ようし。勝負は、夕日が沈んでから朝日が顔を出すまでの一晩の間だ」
 「よかろう」
と、いうことになって、山造り競争が始まったと。
 大天狗は、夕陽が沈むとすぐに土を掘った。掘った土をモッコに入れ、ひとつ所に運んで、段々高くして行った。
 どんどこ、どんどこ土を運んで、やがて、雲をグンと突き抜けたと。
 「どうだ」
と、神様達の方を見ると、神様達の造っている山は、ようやく雲に届いたところだったと。 

 「どうだ、おれの方が高いぞ。あとひとモッコも運び上げりゃあ、よもや負けることはあるまい。どうれ、いっぷくするか」
 大天狗は、秩父の山に腰を下ろし、利根川の水を両手にすくって、顔をザンブ、ザンブと洗ったと。
 「やあれ、さっぱりしたぁ」
 いうて、顔をあげたら、東の空が白みかけておった。

挿絵:かわさき えり

 「おっと、こりゃいかん。急がにゃ」
と、あわててモッコを担いで、山の途中まで登ったときだった。急に周囲(あたり)が明るくなった。
 「はっ」として、思わず後を振り返ったら、丁度、朝日が顔を出したところで、その朝日に照らされて、神様たちの造った山が、雲の上に、高く、高く、そびえたっておった。
 「しまったぁ」
 大天狗は、モッコの土をぶちまけて、どこかへ逃げて行ったと。
 このとき大天狗が造った山が棒名山(はるなさん)で、土を採(と)ったところに水がたまって出来たのが棒名湖だ。最後のモッコをぶちまけたところを一畚山(ひともっこやま)というようになった。
 神様達が造られた山が富士山で、土を採った跡(あと)の窪みが琵琶湖になったのだと。
 天狗の背丈は、このあと、人間と同じ位になったそうな。

 おしまい。 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

尼裁判(あまさいばん)

尼裁判(あまさいばん)

むかし、あるところに親孝行の息子が年老いた父親と暮らしておったそうな。働き者の息子だったから、村の人がいい嫁を世話してくれたと。息子と嫁は、「お父っ…

この昔話を聴く

狼(おおかみ)の恩返(おんがえ)し(おおかみのおんがえし)

狼(おおかみ)の恩返(おんがえ)し(おおかみのおんがえし)

昔、ある山の中にポツンと一軒屋があっておっ母さんと息子とが畑を耕して暮らしておったそうな。ひどい貧乏だったので、おっ母さんも息子も働きづくめだったと…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!