とうふとあぶらあげとおから
『豆腐と油揚げとおから』

― 静岡県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしあったと。
 ある日、豆腐屋(とうふや)の主人(しゅじん)が用事で家を留守(るす)にしたと。
 そこで豆腐と油揚げ(あぶらあげ)とおからが、
 「親方(おやかた)がいないときくらい、のんびりすまいか」
 「ああそうだ、何かして遊ぼう」
 「それがいい」
というて、三人して座敷(ざしき)へあがって茶を飲んだと。
 そのうちに豆腐が、
 「ひとつ歌でも作って遊ぼう」
というたら、油揚げとおからが、さんせいしたと。豆腐が、
 「いいだしっぺのおれから、まず歌おう」
というて、

豆腐と油揚げとおから挿絵:かわさき えり
〽 火攻(ぜ)め水攻め
  一丁二丁(いっちょうにちょう)と
  切りさかれては
  もとのマメ(豆)にはなれやせん

 と詠(よ)んだ。

 次に油揚げが、

 〽 水攻め火攻めはいとわねど
  油攻めとはなさけなや
  末はおいなりさんといわれても

 と詠んだ。
 次におからが詠もうとしたら、そこへちょうど主人が帰って来た。
 三人はあわてて、元の場所に戻ろうとした。
 豆腐と油揚げは自分の桶(おけ)にすべり込めたが、おからだけは遅(おく)れた。あせればあせるほど、方々(ほうぼう)に広がってしまったと。
 そこへ主人が来て、
 「誰がおからを座敷に広げた。きたない」
というて、片端(かたはし)から箒(ほうき)で掃(は)いて庭に捨ててしまった。

豆腐と油揚げとおから挿絵:かわさき えり
 おからは口惜(くちお)しくてならない。そこで庭から大声で、こうどなった。

 「俺が主人は、加藤清正(かとうきよまさ)!」
 すると主人は、座敷から、
 「そりゃまたなぜに?」
ときいた。
 すると、おからは、
 「から(唐)を攻めるじゃないかいのー」
というたと。

  それでいちがさかえた。

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

狼(おおかみ)の恩返(おんがえ)し(おおかみのおんがえし)

狼(おおかみ)の恩返(おんがえ)し(おおかみのおんがえし)

昔、ある山の中にポツンと一軒屋があっておっ母さんと息子とが畑を耕して暮らしておったそうな。ひどい貧乏だったので、おっ母さんも息子も働きづくめだったと…

この昔話を聴く

朝茶の功徳(あさちゃのくどく)

朝茶の功徳(あさちゃのくどく)

昔あったけど。あるどこさ、爺(じ)ぃと婆(ば)ぁいだけど。家のそばさ大きい松の木生(は)えていでな、まるで、高砂(たかさご)の爺さまど婆さまの住む家…

この昔話を聴く

現在667話掲載中!