へひとつでむらじゅうぜんめつ
『屁一つで村中全滅』

― 栃木県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、ある村に屁っぴりの娘がおったそうな。
 あんまりひっきりなしに屁をこくので、めったに外へ出ることはなかったと。
 「この娘(こ)は、一生嫁に行けないのでは」
と、ふた親の心配は日毎(ひごと)に増すばかり。
 ところが、ある日、思いがけず隣り村(となりむら)の分限者(ぶげんしゃ)から、息子の嫁にもらいたいとの話があったと。
 ふた親は、恥をしのんで分限者に打ちあけたと。
 「この娘は、腹に少々故障(こしょう)がありまして」
 「ほう、といわれると」
 「はあ、あのう・・・、オナラを・・・するのです」 

 挿絵:かわさき えり
 
 「何と、オナラですと。そんなもの誰でもしますがな。私なんぞ、日に五、六回はしますな。それとも何ですか、オナラに事(こと)かけて私共とのこの縁談、断るとでも・・・」
 「あ、いえ めっそうもない。本来なら、願ってもない良い縁談と思うとりますが、何分、そのう・・・」
 「本来も何もありません。願ってもないといわれるのなら、是非ご承諾ください」 

 これこの通りと、分限者に頭を下げられたふた親は、
 「オナラさえご承知して下さるのなら」
 「承知」
と、分限者がポンと手を打って、この縁談まとまったと。
 いよいよ嫁入りという時になって、母親は娘を呼んで、
 「あちらさまは、ああ言って下さったが、お前のは並(なみ)の屁っぴりではありません。嫁に行ったら充分気をつけて、決して粗忽(そこつ)なことをしてはいけません」
と言って聞かせたと。
 祝言も無事済んで、三日たち、四日たち、七日も過ぎると、我慢に我慢を重ねたせいで腹がキリキリ、キリキリ、痛とうてかなわんのだと。
 かがんたひょうしに、思わず、ブファ―と一(ひと)つ、やってしもうた。 

 娘は、くれぐれも母親に言われたのにと思うと、
 「今のはきっと聞かれたに違いない。この先追い出されでもしたら、ふた親に顔向け出来ない」
と思いつめて、とうとう、村の大きな池に身を投げて死んでしもうたと。
 すると、聟殿は、
 「屁ひとつぐらいで、あんないい嫁を殺してしまって、先方に申し訳ない。自分も後を追って死んでしまおう」
と、やはり池に飛び込んで死んでしもうた。 

 そしたら、嫁と息子に死なれた分限者夫婦は、
 「この先頼りにする者たちに死なれて、何でこの世に楽しみがあろう」
と、また続いで池に入って死んでしもうた。
 そしたら何と、
 「村の親ともいうべき分限者が死んでしまっては、この村にいても暮(く)らしようがない」
というて、村の人々は次々と皆んな池の中に飛び込んで死んでしもうたと。
 村にはだあれもいなくなったと。

 おしまい ちゃんちゃん。 

 挿絵:かわさき えり


 

栃木県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

さか別当の浄土(さかべっとうのじょうど)

さか別当の浄土(さかべっとうのじょうど)

昔あるところに魚釣(さかなつ)りの上手な男がおったそうな。ある日、男は、屋根の葺(ふ)き替(か)えをしようと、村の人達を頼んだと。村の人達は、「お前…

この昔話を聴く

避けられない年取り(さけられないとしとり)

避けられない年取り(さけられないとしとり)

むがしあったずもな。あるどこに年取りだぐねえ男がいだんだど。ある年の、暮れも迫(せ)まったごろ、その男が、「年取りだぐねえ、年取りだぐねえ」って、村…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!