ききちがい かねはてんしさま
『聞き違い 金は天子様』

― 栃木県芳賀郡 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんが暮らしておったそうな。婆さんは耳が遠かったと。
 二人はよく働いてつつましく暮らしたのでだんだん金が貯(たま)ったと。
 爺さんは毎晩寝(ね)る前に銭勘定(ぜにかんじょう)するのを楽しみにしておったと。
 爺さんがいつものように銭勘定をしていると、婆さんが、
 「爺さんや、そんなに金を貯めてどうするつもりだ」
と聞いた。爺さんはその場しのぎに、
 「うんと貯めて、天子様(てんしさま)にあげるのじゃよ」
というた。 

 挿絵:かわさき えり
 
 「そうかえ、天子様なら日本の国を治(おさ)めている方だから、そりゃよかろう」
 婆さんはにこにこして賛成したと。 

 ある日のこと、婆さんが一人で留守番(るすばん)をしていると、乞食(こじき)がやって来た。
 「何か食べる物をおくれな」
 婆さんは耳が遠いので聞き違(ちが)えて、
 「何、銭くれろって、銭は天子様にあげるのじゃから、お前なんかにはやれんよ」
というと、乞食は、
 「わしは天子様だ。今日はおしのびで銭をもらいに来た」
というた。
 婆さんは本気にして、ありったけの銭を乞食にやってしまったと。
 お昼時になって爺さんが帰って来た。婆さんは、
 「今日は天子様が来たから、残らず銭をあげた」
と、にこにこしていうたと。
 「天子様が来るはずはないんじゃがなあ」
 爺さんは、その時の様子をよくよく聞いたと。そしたら、何のことはない、乞食にだまされたと分かって、「あちゃあ」となげいたと。 

 一文無しになった爺さんは、どこか他所(よそ)の国へ行って働こうと旅に出ることにしたと。
 爺さんが荷物を背負(せお)い、婆さんには大戸(おおど)を一枚背負わせて、いくがいくがいくと、日が暮れたと。
 ふたりは鎮守(ちんじゅ)の森へ行って、境内(けいだい)の杉の木の下で休んでいると、誰(だ)れやらがドガドガとやってくる音がした。急いで杉の木に登って隠れたと。
 やって来たのは強盗(ごうとう)たちで、その木の下で車座(くるまざ)になって、盗んで来た銭勘定をはじめたと。
 木の上では婆さんが、
 「爺さんや、背中の大戸が重うてならん」
とぶつぶついうたら、爺さんは、
 「しいっ、強盗どもに見つかったら大事(おおごと)だから黙っていろ」
というた。そしたら、婆さんは、大戸を下ろせと、聞きちがえて、
 「おお、よかった」
 いうて、大戸を落としたと。
 大戸は、ドン、バサンと大きな音をたてて強盗の頭の上に落ちたと。 

 さあ、驚(おどろ)いたのは強盗たちだ。
 「それ、天狗様(てんぐさま)が来たぁ」
 いうて、一斉(いっせい)に逃げて行ってしまったと。
 あとには銭がいっぱい置いてあった。
 爺さんと婆さんは、みんな拾(ひろ)い集(あつ)めて、大金持ちになったと。
 ふたりは村に帰って、一生安楽に暮らしたと。

 おしまい。 

 挿絵:かわさき えり
 

栃木県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

猿の嫁(さるのよめ)

猿の嫁(さるのよめ)

むかしあったと。あるところに、爺(じ)さまと三人の娘がおった。爺さまは毎日毎日、山の畑を耕していた。あるとき、あんまりくたびれて、せつないから、「だ…

この昔話を聴く

掛け声の代価(かけごえのだいか)

掛け声の代価(かけごえのだいか)

むかし、あるところに大きな、それは大きな木があった。大人(おとな)で三(み)かかえもあったと。あるとき、木こりが二人やってきて、この木を伐り倒すのだ…

この昔話を聴く

現在602話掲載中!