きつねのおんがえし
『狐の恩返し』

― 栃木県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところにおっ母(か)さんと息子(むすこ)とが暮(く)らしていた。おっ母さんは、なが患(わずら)いの病人(びょうにん)で、息子はまだまだ子供(こども)だったと。
 息子は家の仕事(しごと)やおっ母さんの看病(かんびょう)の合間(あいま)に他所(よそ)の家の手伝(てつだ)いをして、おっ母さんの薬代(くすりだい)を稼(かせ)いでいたと。

 
 ある日のこと、息子が薬を買(か)いに町へ行こうとして、途中(とちゅう)の原っぱにさしかかったら、木のうしろに隠(かく)れた狩人(かりゅうど)が、弓(ゆみ)に矢(や)をつがえ、何かをねらって、今にも射(い)ようとしていた。
 ねらいの先を目でたどったら、日向(ひなた)で狐(きつね)の母と仔(こ)が、のぉんびり昼寝(ひるね)をしていた。

 「ハックショーン」
 息子はおもいっきりクシャミをした。
 母狐と子狐がびっくりしてとび起(お)き、狩人の矢もそれた。
 母狐は狩人と息子を見ると、子狐ともども逃(に)げて行った。

 
 矢を射そこなった狩人は、ぷんぷんに怒(おこ)って息子の所へ来て、
 「お前、わざと狐を逃がしたな」
と言って、つめよった。息子は、
 「こらえきれずに、つい、してしまいました。どうぞ勘弁(かんべん)して下さい」
とあやまったが、
 「うんにゃ、ならん。さあ狐を返(かえ)せ」
と、おっそろしいんだと。
 困(こま)った息子は、薬代にするお金をみんなやって、やっとゆるしてもらったと。

 
狐の恩返し挿絵:かわさき えり

 
 その晩(ばん)、息子がおっ母さんの看病をしていると、戸(と)がホトホト、ホトホト、と叩(たた)かれて、
 「こんばんは、こんばんは」
と、遠慮(えんりょ)がちな声がした。
 こんな夜更(よふ)けに誰(だれ)だろう、と戸を開けてみたら、戸口に見たことのない母親と男の子が立っていた。
 「だれ、なんの用(よう)」
と聞くと、その母親が、
 「私たちは、昼間(ひるま)あなたに助(たす)けていただいた狐の親子です」
と言う。

 
 息子は思いがけないなりゆきに、目をまんまるにして、
 「本当(ほんとう)に?」
と聞くと、
 「はい。今日は危(あぶ)ないところを本当にありがとうございました。これ、お礼(れい)にと思って持(も)って来ました」
と言って、布包(ぬのづつ)みを手渡(てわた)した。ズシリと重(おも)い。不思議(ふしぎ)に思って、包みを開けてみた。分限者(ぶげんしゃ)が持つような立派(りっぱ)な財布(さいふ)で、中には小判(こばん)がいっぱい入っていた。
 「本物ですよ。だいぶん前に、誰かが落(お)として行ったままになってあったのを、私が見つけて、今日までしまっておいたものです。お母さんの薬代にして下さい」
と言う。

 
狐の恩返し挿絵:かわさき えり

 
 息子は、ついさっきまでおっ母さんの看病をしながら、明日からの薬をどうしようと考(かんが)えあぐねていたところだったので、その財布を胸(むね)にだいて、深々(ふかぶか)とおじぎをした。涙(なみだ)をポトポト落としたと。
 頭をあげたら、狐の親子がジャレあいながら嬉(うれ)しそうに帰(かえ)って行くうしろ姿(すがた)が見えた。
 
 息子は、狐がくれたお金で、おっ母さんを医者(いしゃ)に見せ、よい薬を買ってのませることが出来たと。

  おしまい。

栃木県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

児裁判(こさいばん)

児裁判(こさいばん)

むかし、あるところに双子の兄と弟がいてあったと。別のところに、これまた双子の姉と妹がいてあったと。縁あって、二組一緒に祝言(しゅうげん)をあげ、ひと…

この昔話を聴く

狐の宝珠とマタギ弥八(きつねのほうしゅとまたぎやはち)

狐の宝珠とマタギ弥八(きつねのほうしゅとまたぎやはち)

トント昔(むがす)、あったけド。ある所(どこ)さ、弥八(やはち)っていう狩人(またぎ)あったド。ある時(どき)、山へ狩りへ行(え)ったけド。日ィ暮っ…

この昔話を聴く

現在649話掲載中!