どうもうとこうもう
『童孟と孔孟』

― 徳島県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 とんと昔の話じゃが。
 あるところに隣(とな)り合う国があったそうな。
 こっちの国には童孟(どうもう)という医者がござらして、日本一という評判(ひょうばん)だ。
 あっちの国にも孔孟(こうもう)という医者がござらして、これも日本一という評判だ。
 あるとき、隣り合うた国と国とが戦になったと。
 槍(やり)で刺される者がいる、刀(かたな)で斬(き)られる者がいる。
 ところが、こっちの国の童孟も、あっちの国の孔孟も、誰かが倒れるそばから、斬られた腕(うで)をくっつけ、折られた足を接(つ)ぎ、はねられた首をひっつけていった。
 殺しても殺しても生き還(か)えらせるもんで、ちいっとも人は減(へ)らない。
 

 挿絵:かわさき えり
 
 そのうちに、くたびれはてて、両軍(りょうぐん)、勝負なしということになった。
 それからしばらくたったある日、童孟と孔孟が道でパッタリ出合うた。
 そこで話しをするうちに、二人は腕競(うでくら)べをして見んか、ということになった。 
 始めは童孟が孔孟の首を斬った。そして、すぐ継(つな)げたが接ぎ目がわからん。 

 次に孔孟が童孟の首を刎(は)ねて接いだが、これも接ぎ目がわからん。
 どっちも上手(じょうず)で、勝負(かちまけ)がわからん。
 「そんなら、首骨(くびほね)の早接(はやつ)ぎを同時にしてみまいか。一緒に斬って、一緒に接ないだら、ちいとでも早かった方が勝ちというのはどうだ」
 「そりゃ、ええ考えだ」
と相談が出来て、二人とも刀を肩に担(かつ)いだ。
 童孟が孔孟の首を、孔孟が童孟の首を、
 「ヤーッ」
とかけ声もろとも斬り落としたと。
 そしたら、二人とも吾(わあ)の首が無(の)うなったきに、童孟の首がどこにあるのやら、孔孟の首がどこにあるのやら、吾(わ)れはもちろん、相手にもわからん。首の早接ぎどころではない。
 二人とも、童孟ならんし、孔孟ならん。
 どうもこうもならざった。 

 挿絵:かわさき えり
 
 今もいう「どうもこうもならん」というのは、ここからきた言いまわしだと。

 ほんけまっことおったんじゃと。 

 
 

徳島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

吉四六さんの柿 二題(きっちょむさんのかき にだい)

吉四六さんの柿 二題(きっちょむさんのかき にだい)

むかし、吉四六さんが裏の柿の下で薪割りをするためにマサカリを振り上げたら、枝の熟柿が頭に落ちてきたと。てっきりまさかりの刃が抜けて頭に落ちてきたと思うたもんじゃき、「うわぁ、大変じゃ。誰か来ちくりィ。ああ痛え、早う医者を呼んでくりい」と、大騒ぎだと。

この昔話を聴く

狼と飛脚と泣く子(おおかみとひきゃくとなくこ)

狼と飛脚と泣く子(おおかみとひきゃくとなくこ)

むかし、むかしあったんだって。ある山の中に一匹の狼(おおかみ)がいたんだって。ちょうど今日みたいな寒い夜にね、狼は腹を空(す)かして、

この昔話を聴く

現在672話掲載中!